臼井 陽一郎 / Usui Yoichiro

所 属 国際学部 国際文化学科 臼井 陽一郎
職 名 教授
連絡方法 メールアドレス
学 歴 1989年 早稲田大学社会科学部卒業
1992年 早稲田大学大学院経済学研究科修士課程修了
1995年 早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学
学 位 修士(早稲田大学経済学研究科)
MA by research(リーズ大学法学部))
職 歴 1994~1996年 早稲田大学社会科学部助手
研究分野 EU政治
所属学会 UACES、日本EU学会(理事・事務局長)、国際政治学会、日本政治学会、比較政治学会、グローバルガバナンス学会
担当科目 現代ヨーロッパ論、EU論、地域統合論
主要業績 著書

①(翻訳)『トライバル化する世界:集合的トラウマがもたらす戦争の危機』(臼井陽一郎監訳)明石書店、2020年。
②(共著)『変わりゆくEU:永遠平和のプロジェクトの行方』(臼井陽一郎編著)明石書店、2020年。
③(翻訳)『ダウン症をめぐる政治:誰もが排除されない社会へ向けて』(臼井陽一郎監訳)明石書店、2018年。
④(共著)『入門政治学365日』(臼井陽一郎他編著)ナカニシヤ出版、2018年
⑤(共著)『EUの規範政治:グローバルヨーロッパの理想と現実』(臼井陽一郎編)ナカニシヤ出版、2015年。
⑥(単著)『環境のEU・規範の政治』ナカニシヤ出版、2013年。
⑦(共著)『紛争と和解の政治学』(松尾秀哉・臼井陽一郎編著)ナカニシヤ出版、2013年。
⑧(共著)『東アジア共同体憲章案:実現可能な未来をひらく論議のために』(中村民雄編著)昭和堂、2008年。
⑨(共著)『EU研究の新地平:前例なき政体への接近』(中村民雄編著)ミネルヴァ書房、 2005年。

論文
①「EUの対外行動にみる規範政治の諸相─近隣クロスボーダー協力(ENICBC)を事例に」『グローバル・ガバナンス』第2号、2015年。
②「EUのマルチレベル・ガバナンス論─その統合理論としての意義の再考」『国際政治』第182号、2015年。
③「EUの持続性戦略と欧州統合の行方」『日本EU学会年報』第29号、2009年。
④‘The Democratic Quality of Soft Governance in the EU Sustainable Development Strategy : A Deliberative Deficit.’ Journal of European Integration. Vol.29:5, pp.619-633, December 2007.
⑤‘The Roles of Soft Law in EU Environmental Governance: An Interface between Law and Politics.’『日本EU学会年報』第26号、2006年。
⑥‘Evolving Environmental Norms in the European Union.’ European Law Journal.Vol.9:1, 2003.
⑦ 「EUの特異性と規範の進化」『社会科学研究』(東京大学社会科学研究所)第54巻・第1号、2003年。

他の教員紹介はこちらへ