區 建英 / Ou Jianying

區 建英

所 属

国際学部 国際文化学科

職 名

教授

連絡方法

学 歴

1982年 広州外国語大学 日本言語文学科卒業
1984年 北京師範大学歴史学系修士課程卒業(文学修士)
1993年 東京大学大学院博士課程修了

学 位

博士(学術、東京大学、1993年3月)

職 歴

1984~1993年 (中国)曁南大学歴史学部専任講師
1988~1995年 学習院大学文学部兼任講師
1993~1994年 東京大学教養学部客員研究員
1994~1997年 新潟国際情報大学助教授

受賞歴

2021年1月中国社会科学院日本研究所第12回優秀論文「隅谷賞」受賞(「隅谷賞」とは、隅谷三喜男先生の基金によって中国社会科学院で設立された学術賞で、日本研究の優秀論文を表彰するものである)。

研究分野

日本政治思想史、中国近代思想史。中国の民主化への関心から思想史を研究する。恩師・丸山眞男先生の思想史学から叡智を吸収して、中国の民主化という課題の研究に活用する。

所属学会

中国社会文化学会・アジア政経学会・政治思想学会・日本思想史学会

担当科目

中国史概説、現代中国論、中国語

主要業績

著書

①『福澤諭吉与日本近代化』原著者・丸山真男(編集・翻訳)(学林出版社 1992年)

②『近代日本と東アジア』(共著)(筑摩書房 1995年)

③『日本立憲政治の形成と変質』(共著)(吉川弘文館 2005年)

④『日本的思想』原著者・丸山真男(共訳)(生活・読書・新知 三聯書店 2009年)

⑤『自由と国民 厳復の模索』(単著)(東京大学出版会 2009年)

⑥『東アジアのナショナリズムと近代』(共著)(大阪大学出版会 2011年)

⑦『東亜的王権与思想』原著者・渡辺浩(単訳)(上海古籍出版社、2016年)

⑧『福澤諭吉与日本近代化』原著者・丸山眞男(単訳、第三版)北京師範大学出版社、2018年

論文

①「中国における福沢諭吉理解」(日本歴史学会編『日本歴史』1992年2月号)

②「福沢諭吉研究と丸山眞男」(みすず書房『みすず』1992年10月号)

③「励みと悲しみ―近代中国と日本」(岩波書店『世界』1995年3月号)

④「丸山真男における国民国家と永久革命」(歴史学研究会編『歴史学研究』1998年3月号)

⑤「厳復とモンテスキュー:『仁政』の転回と政治的自由」(専修大学歴史学センター年報『フランス革命と日本・アジアの近代化』第4号2007年)

⑥「清末中国の国粋派と明治日本の国粋主義」(ソウル大学校奎章閣国学研究院『韓国文化』41巻、2008年6月号)

⑦「丸山真男と私の中国研究」(東京大学出版会『UP』2011年4月号)

⑧「厳復─国民の自由を探し求めた非主流の思想家」(趙景達等編『東アジアの知識人 Ⅰ 文明と伝統社会』有志舎、2013年)

⑨「丸山真男思想史學與日本的改革」『思想』第27期    台灣聯經出版公司、2014年12月

⑩「孫中山「民權主義」的時空轉換與創造」潘朝陽編『儒家道統與民主共和』臺灣師範大学出版中心、2016年

⑪「丸山真男與福澤諭吉思想中的「獨立自尊」與「他者感覺」臺灣大學人文社會髙等研究院『臺灣東亞文明研究學刊』第25期、2016年6月

⑫「丸山眞男思想史学的軌跡」中国社会科学院『日本学刊』2019年第3期(2021年1月「隅谷賞」受賞)

⑬「丸山真男對中國現代性的看法」『臺灣東亞文明研究學刊』第16卷 第1期(總第31期)2019年6月

その他

1986年に東京大学大学院で日本思想を研究するために来日。以後同大学院で研究するかたわら、学習院大学で兼任講師をつとめ、また東京大学教養学部の客員研究員を兼任した。1995年から現在に至って、慶應義塾福沢研究センター客員研究員を兼務している。