藤田 美幸 / FUJITA Miyuki

所 属 経営情報学部 経営学科 藤田 美幸
職 名 准教授
連絡方法 miyu@nuis.ac.jp
学 歴 2004年3月 新潟大学経済学部経営学科卒業
2007年9月 新潟大学大学院 現代社会文化研究科現代マネジメント専攻 博士前 期課程修了
2016年3月 新潟大学大学院 現代社会文化研究科人間形成文化論専攻 博士後 期課程修了
学 位 博士(経済学)(新潟大学、2016年3月)
経営学修士(新潟大学、2007年9月)
職 歴 新潟大学産学地域連携推進機構産学地域人材育成センター、ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 博士インターシップ研究員(2011.5 ~ 2011.11)
新潟大学大学院現代社会文化研究科 リサーチ・アシスタント(2015.4-2016.3)
研究分野 地域資源とICTを活用したスポーツ&ヘルスケアツーリズムにおいて、消費者はどのようにして動機づけが高まるか、どのように相互に影響し合うのかという課題をテーマとして、経営情報学、マーケティング戦略論、部分的にスポーツ心理学の側面から研究しています。
所属学会 日本情報経営学会、モバイル学会、地域活性学会、日本スポーツ産業学会、日本健康心理学会
主要業績 ①「オンラインスポーツツーリズムにおける参加動機と開催地への愛着に関する研究 -『東北みやぎオンライン復興マラソン』と『名古屋ウィメンズマラソン2020』の事例から-」単著、『地域活性研究 』-vol.14, pp.135-144、2021
②「若年層化した個人競技的スポーツにおいてハイパフォーマンスを実現する組織マネジメント―「スノーボード女性アスリートの強化支援」を事例としてー」単著、『新潟国際情報大学経営情報学部紀要Vol.3』、pp.93-105、2020.
③「ハイブリッドまちあるきによる地域資源の物語化-2017ふるまちクエストを事例として-」単著、モバイル学会誌 Vol.9 No.(1/2)、pp.1-7、2019.
④「ユーザの動機づけとエンゲージメントの関連」単著、日本情報経営学会誌vol.38,no.3、pp.83-92、2018.
⑤「ゲーミフィケーションを活用したモバイル・ヘルスケアサービス : ドコモ・ヘルスケア「歩いておトク」を事例として」共著(筆頭著者)、日本情報経営学会誌 vol.38,no.3、pp.74-828、2018.
⑥「デジタルとアナログの融合による地域活性化プラットフォームモデルの開発 -”ふるまちクエスト”を事例として-」単著、モバイル学会誌、Vol.7(1/2)、pp.23-28、2017.
⑦「スポーツサービスにおけるモバイルの関係性および影響」単著、新潟国際情報大学情報文化学部紀要、Vol.2、pp.50-60、2017.
⑧「ヘルスケアサービスとゲーミフィケーションの親和性―ユーザー特性に着目 して―」単著、新潟大学 現代社会文化研究紀要、No.62、303-320、2016.3
⑨「モバイルデバイスが引き起こすインスタントイノベーション」共著(筆頭著者)、日本情報経営学会誌、vol.35,no.4、pp.72-80、2015.7
⑩「産業構造分析における勝敗マトリックスの有用性について-フィットネスクラブ産業への適用-」単著、新潟大学 現代社会文化研究紀要、No.60、67-84、2015.3
⑪「日本の社会構造の変化がもたらすICTヘルスケア」単著、新潟大学 現代 社会文化研究紀要、No.59、163-180、2014.12
⑫「超高齢社会とICT化によるスポーツクラブのパーソナイズ市場への変化」共著(筆頭著者)、日本経営スポーツ学会研究年報 vol.4、42-61、2014.12
⑬「ゲノム情報解析産業が創造した遺伝子検査市場の今後と課題 —運動適性予測,体質・疾病リスク評価などを扱う遺伝子検査をめぐって—」共著、日本経営スポーツ学会研究年報 vol.4、62-78、2014.12
⑭「総合型地域スポーツクラブの持続的発展に向けた育成支援に関する研究」単著、新潟大学 現代社会文化研究紀要 No.43、143-160、2008.12
その他 中部スノーボード協会 理事(1995~)
全日本スノーボード選手権中部地区大会 大会組織委員長(2007~2018)
全日本スノーボード学生選手権大会 大会組織委員長(2012~2018)
全日本スキー連盟、日本スポーツ振興センター委託事業「女性アスリートの強化支援(女性アスリートの競技大会等プログラム)」外部評価者(2018~)
地域活性学会 理事(2021~)
他の教員紹介はこちらへ