安藤 篤也 / Ando Atsuya

安藤 篤也

所 属

経営情報学部 情報システム学科

職 名

教授

連絡方法

atsuya@nuis.ac.jp

学 歴

1990年3月 北海道大学大学院 工学研究科 情報工学専攻 修士課程修了 修士(工学)

2013年3月 筑波大学大学院 システム情報工学研究科 博士課程修了 博士(工学)

学 位

博士(工学) 筑波大学 2013年3月

職 歴

1990年4月-2000年3月 日本電信電話株式会社・NTT無線システム研究所(入社)
2000年4月-2003年3月 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)環境適応通信研究所(出向)
2003年4月-2014年6月 NTTアクセスサービスシステム研究所(復帰)
2014年7月-2019年9月 NTT未来ねっと研究所
2014年9月-2020年3月 東京理科大学非常勤講師

研究分野

無線通信

受賞歴

2016年6月 電子情報通信学会英文論文誌(C分冊・エレクトロニクス)論文賞受賞

所属学会

電子情報通信学会(IEICE)、米国電気電子学会(IEEE)

主要業績

①K. Shirai, Y. Amano, A. Ando, and T. Uda, “Spatial properties of production flow system based on riemannian manifold structure,” International Journal of Innovative Computing, Information and Control (IJICIC), vol. 17, 2021. (to be published.)

②K. Shirai, Y. Amano, and A. Ando, “Analytical mechanics approach to conservation in production field,” International Journal of Innovative Computing, Information and Control (IJICIC), vol.17, no.1, pp.67-91, Feb. 2021.

③長谷川 雅人, 長 敬三, 安藤 篤也, “周波数選択性反射板を用いた2周波数共用水平偏波反射板付ダイポールアンテナ,” 電子情報通信学会論文誌, vol.J101-B, no. 9, pp. 737-748, (2018-09).

④K. Cho, H. So, and A. Ando, “HPBW control of dipole antenna with frequency selective reflector using different size elements,” IEICE Communications Express, vol. 5, no. 3, pp. 90-94, March 2016.

⑤H. So, A. Ando, T. Seki, M. Kawashima, and T. Sugiyama, “Multiband sector antenna with aame beamwidth employing multiple woodpile metamaterial reflectors,” IEICE Trans. Electron., vol.E97-C, no.10, pp.976-985, Oct. 2014.

⑥S. Ueno, A. Ando, T. Seki, Y. Takatori, and T. Hiraguri, “Experimental investigations of co-channel interference reduction effect at high elevation base station using beam tilt and orthogonal polarization,” Hindawi,International Journal of Antennas and Propagation, volume 2014, 8 January 2014, Article ID 532743.

⑦H. So, A. Ando, T. Seki, M. Kawashima, and T. Sugiyama, “Directional multiband antenna employing frequency selective surfaces,” IET Journals,Electronics Letters, vol. 49, no. 4, pp. 243-245, Feb. 14, 2013.

⑧A. Ando, T. Taga, A. Kondo, K. Kagoshima, and S. Kubota, “Mean effective gain of mobile antennas in line-of-sight street microcells with low base station antennas,” IEEE Trans. Antennas Propagat., vol. AP-56, no. 11, pp.3552-3565, Nov. 2008.

⑨A. Ando, K. Kagoshima, A. Kondo, and S. Kubota, “Novel microstrip antenna with rotatable patch fed by coaxial line for personal handy-phone system units,” IEEE Trans. Antennas Propagat., vol. AP-56, no. 8, pp. 2747-2751, Aug. 2008.

⑩山田 渉, 北 直樹, 安藤 篤也, 伊藤 俊夫, “5.2GHz帯ストリートマイクロセル環境における指向性アンテナを用いた基地局間MIMO伝搬特性と伝搬特性推定法,” 電子情報通信学会論文誌, vol. 91-B, no. 3, pp. 260-271, (2008-03).

⑪A. Ando, T. Taga, A. Kondo, K. Kagoshima, and S. Kubota, “A study of radio zone length of dual-polarized omnidirectional antennas mounted on rooftopfor personal handy-phone system,” IEEE Trans. Veh. Technol., vol. 57, no. 1,pp. 2-10, January 2008.

⑫A. Ando, Y. Honma, and K. Kagoshima, “A novel electromagnetically coupled microstrip antenna with a rotatablepatch for personal handy-phone system units,” IEEE Trans. Antennas Propagat., vol. AP-46, no. 6, pp. 794-797, June 1998.

⑬常川 光一, 鹿子嶋 憲一, 安藤 篤也, “小形無線機アンテナの多重波中利得と筐体長の関係.,” 電子情報通信学会論文誌, 電子情報通信学会論文誌, vol.75-B-II, no. 10, pp. 705-707, (1992-10).

その他

2017年1月-2017年3月 筑波大学システム情報工学研究科 学位論文審査委員会委員(副査)
2019年1月-2019年3月 筑波大学システム情報工学研究科 学位論文審査委員会委員(副査)
2020年8月6日 重要産業技術基盤調査勉強会講師(経済産業省)
2021年1月-2021年3月 筑波大学システム情報工学研究科 学位論文審査委員会委員(副査)