学部・学科紹介

内田 亨 / Uchida Toru

所 属 経営情報学部 経営学科 内田 亨
職 名 教授
連絡方法  uchida@nuis.ac.jp
学 歴 1985年3月 中央大学文学部文学科英米文学専攻卒業
1999年4月~ 1999年6月リヨン経営大学MBA交換留学
2000年3月 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際経営学(MBA)修了
2000年6月~ 2000年7月リヨン経営大学MBA交換留学
2000年9月~ 2001年6月ブリュッセル自由大学医学部交換留学
2004年9月~ 2005年6月リヨン第1大学医学部公衆衛生学講座交換留学
2007年3月 早稲田大学大学院アジア太平洋研究科国際関係学博士課程修了
学 位 博士(学術、早稲田大学、2007年6月)
経営学修士(MBA、早稲田大学、2000年3月)
職 歴 1985年4月~1990年7月ライオン株式会社薬品事業部大阪本店営業課課員
1990年8月~1993年7月ライオン歯科材株式会社大阪本店販売促進課課員
1994年3月~1995年1月日本ロシュ株式会社試薬本部福岡支店営業課課員
1995年2月~1998年7月日本ロシュ株式会社試薬本部PCR(遺伝子診断)ビジネスユニット福岡支店Sales Planning
2004年10月~2005年3月リヨン経営大学非常勤講師
2007年4月~2012年3月西武文理大学サービス経営学部准教授
研究分野 組織論をベースにした営利・非営利組織を対象に、
①経営組織論、②ガバナンス論、③経営管理論
所属学会 日本経営品質学会、国際戦略経営研究学会、組織学会、日本情報経営学会、経営情報学会
担当科目 経営と情報
主要業績

著書
① 「第7章サービス企業のビジネスモデル(1)戦略実現の仕組み」『サービス経営学入門:顧客価値共創の戦略経営』2017年。
② 『経営と組織』(編著)新潟国際情報大学情報システム教科書シリーズ6、2016年。
③ 『医療ガバナンスー医療機関のガバナンス構築を目指して』(編著)2010年。

論文
① "Organizational Virtuousness and Job Performance in Japan : Does happiness matter?"(共著) International Journal of Organizational Analysis Vol.25(4),2017,pp.628-646.
② 「健康経営を実践してガバナンスの強化をはかる:労働環境と健康管理に向けた企業経営の関わりについて」(共著)『新潟国際情報大学情報文化学部紀要』Vol.3,2017年,pp.106-116.
③ 「水産資源分析によるブリのグローバル戦略製品の可能性」(共著)『新潟国際情報大学情報文化学部紀要』 Vol.3,2017年,pp.87-97.
④ 「新潟県における『ブライト企業』の研究:シマト工業株式会社の事例より」(共著)『新潟国際情報大学情報文化学部紀要』Vol.2,2016年,pp.61-70.
⑤ 「医療機関のガバナンス構築への取り組み」『medical forum CHUGAI』Vol.19,No.1,2015年,pp.4-7.
⑥ 「株式公開系ファミリー企業の不祥事に関する一考察」(共著)『新潟国際情報大学情報文化学部紀要』第17号、2014年、pp.81-97.
⑦ 「地域の中小企業とそれを取り巻くステークホルダーによる地域ブランド構築のメカニズム」『地域デザイン学会誌』第2号、2013年、pp.133-152.
⑧ 「日米コーポレート・ガバナンスの課題と日本の経営で共感される価値観:人間的経営を包含した経営哲学を目指して」(共著)『西武文理大学研究紀要』第18号、2011年、pp.122-131.
⑨ ステークホルダー・ダイアログが組織に与える影響:組織と自治体・市民・地元団体間の事例を通して」(共著)『日本大学ビジネス・リサーチ』第7巻、2010年、pp.122-131.
⑩ 「病院とコミュニティの共進化:専門知と非専門知による価値創造」(共著)『オフィス・オートメーション学会誌』Vol.27,No.1,2006年,pp.55-63.
⑪ 「医療機関へのBSCの導入と情報マネジメント」(共著)『経営情報学会誌』Vol.14,No.4,2006年,pp.85-98.
⑫ 「グループ経営の進展と持株会社の役割」(共著)『国際経営・システム科学研究』第35号、2004年、pp.17-34.他21編

その他 新経営革新研究会主宰、日本クリニカル・ガバナンス研究会会員
日本経営品質学会理事(2015年~)
新潟県経営品質賞委員会委員(2018年~)
他の教員紹介はこちらへ