学部紹介

澤口 晋一 / Sawaguchi Shin-ichi

所 属 国際学部 国際文化学科 澤口 晋一
職 名 教授
連絡方法 メールアドレス
学 歴 1983年 明治大学文学部史学地理学科地理学専攻卒業
1992年 明治大学大学院文学研究科地理学専攻博士後期課程単位取得
学 位 博士(地理学)明治大学、2001年3月
職 歴 1990~1992年 日本学術振興会特別研究員
1992~1996年 明治大学文学部・国士舘大学文学部非常勤講師
1994~1996年 東海大学文学部非常勤講師
1996年 新潟国際情報大学専任講師
研究分野 ①高緯度極地と中緯度高山山地における地形プロセスの比較研究。
②氷河・周氷河地形に基づく氷期の古環境復元。
所属学会 日本地理学会、日本第四紀学会、東北地理学会、東京地学協会
担当科目 現代エネルギー論、地球環境論、世界地誌、新潟研究(自然と文化)、情報処理演習
主要業績

著書

①『デジタルブック最新第四紀学(改訂版)』(分担執筆)第四紀学会、(2013年)
②『図説 日本の山 ─ 自然が素晴しい山50選 ─ 』(分担執筆)朝倉書店、(2012年)
③『新旧地形図で見る新潟県の百年  ─  明治~平成の変貌  ─  』(分担執筆)新潟日報事業社、(2010年)
④『南アルプス ─ 地形と生物 ─』(分担執筆)静岡県、(2010年)
⑤『山に学ぶ ─ 歩いて観て考える山の自然』(編著)古今書院、(2005年)
⑥『日本の地形3  東北』(分担執筆)東京大学出版会、(2005年)
⑦『百名山の自然学』(分担執筆)古今書院、(2002年)
⑧『第四紀露頭集 ─ 日本のテフラ』(分担執筆)(日本第四紀学会 、1996年)
⑨『世界の山々』(分担執筆)(古今書院、1995年)

論文

①「アラスカ中部イーグルサミットにおける地温と凍上および斜面物質移動の観測」(地学雑誌、120-6.2012年)
②「北上川上流域における周氷河インボリューション形成の年代」(季刊地理学58-4.2007年)
③「南アルプス大聖寺平の大型ソリフラクションローブ」増澤弘武編『南アルプスの自然』所収.2007年、静岡県
④「Present-day Periglacial Environments in Central Spitsbergen,Svalbard」   (Geographical Review of Japan,77-5.2004年)
⑤「北極圏カナダ、エルズミア島 オーブロイヤー湾地域における第四紀後期の氷河作用」(駿台史学.123号、2004年)
⑥「Holocene Glacial Advances in Koryto Glacier, Kamchatka Russia」   (Cryospheric Studies in Kamchatka Ⅱ ,1999年)
⑦「スピッツベルゲン、ニューオールスンにおける地温観測」(地学雑誌、107-5  1998年) 

その他 ・1990~1992年および1994年夏期、文部省科学研究費海外学術調査研究分担者として北極圏スバルバール諸島調査
・1997年夏期、文部省科学研究費海外学術調査研究分担者として、カムチャッカ半島調査
・2001,2002年夏期、文部省科学研究費海外学術調査研究分担者として、カナダ北極圏エルズミア島、アクセルハイベルグ島調査
・2004年、アラスカ大学フェアバンクス校客員研究員
他の教員紹介はこちらへ