学部・学科紹介

小宮山 智志 / Komiyama Satoshi

所 属 経営情報学部 経営学科 小宮山 智志
職 名 准教授
連絡方法 メールアドレス
学 歴 1994年 中央大学文学部社会学科卒業
1996年 中央大学大学院文学研究科社会学専攻博士前期課程修了
1999年 中央大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程中退
学 位 社会学修士(中央大学、1996年3月)
職 歴 1999年 中央大学文学部社会学科非常勤講師
研究分野 社会調査(データサイエンス)・ワークショップなどの手法を用いて“新潟”を活性化させるアイディアを地域の皆様と一緒に考えております。“情報化社会”とは(広義には)“モノ”の生産から“情報”の生産に価値が移行する社会だと言えます。AIや3Dプリンタなどの技術発展によって、いよいよその変化のスピードは増していくでしょう。“新潟”の豊かなコミュニティや素晴らしい自然環境を活かして、新しい“新潟モデル”を創造するお手伝いができればと考えております。
所属学会 数理社会学会、日本社会学会、関東社会学会、日本行動計量学会
担当科目 行動科学、社会理論と調査法、情報社会論
主要業績 論文
① “台湾”の魅力:2020年“国際観光都市新潟”に向けて」(2017年度(公財)新潟県国際交流協会国際理解セミナー 2017年9月24日)
② 「赤塚」の魅力=「まちづくり」(赤塚郷ゆかりの文人展実行委員会『赤塚地域の魅力とお宝』2016年12月)
③ 「女子学生のインターネット(SNS)を介した出会いの要因解明」(第60回数理社会学会大会  2015年8月29日  2015年度本学卒業生鈴木貴也(ファーストオーサー)との共同研究)
④ 「情報感度の学習成果に及ぼす影響」(経営情報学会2014年秋季大会 2014年11月22日  共同研究者:小林満男)
⑤ 「ネガティブ情報がもたらす購買促進効果の要因解明」(第55回数理社会学会大会  2013年3月19日  2012年度本学卒業生伊佐瞳(ファーストオーサー)との共同研究)
⑥ 「職業における“楽しみ”の階層研究」(第53回数理社会学会大会  2012年3月14日)
⑦ 「モータリゼーションが発達した地方都市における消費者の店舗選択要因の解明」 (新潟国際情報大学情報文化学部 紀要  第11号、pp.31-39 2008年)
⑧ 「コンピュータ活用の差異がE-Learningの評価に及ぼす影響」(新潟国際情報大学情報文化学部  紀要  第10号、pp.99-106 2007年)
⑨ 「階層線形モデルによる“地域不公平感”の分析」(新潟国際情報大学情報文化学部 紀要  第6号、pp.161-178 2004年)
⑩ 「Perception of “effort,”“Ability,”and“Equal Opportunity”in Japanese Society」(M.Miyano(ed.)Japanese Perception of Social Justice:How Do They figure out What Ought to Be,Minsitry of Education,Sports and Culture Grant-in-Aid for Scientific Research(B)Report,09410050,2000 pp.87-100)
⑪ 「不公平感の地域格差におけるマルチレベル分析の応用」(紀要  中央大学文学部社会学科 第10号、pp.199-213 2000年)
⑫ 「消費税・所得税に関する世論についての試論的研究」(社会科学研究所年報  第3号、pp.67-79 1999年)
⑬ 「日本の公正地図」(宮野勝[編]『公平感と社会階層』科研報告書、 pp.195-214 1998年)
⑭ 「新聞における公正」(宮野勝[編]『日本人の公正観』中央大学社会科学研究所報告書 第17号、pp.193-202 1996年)
⑮ 「公正観の深層理解:自由面接データの分析」(宮野勝[編]『社会的公正の研究:理論実証 ・ 応用』 科研報告書、pp.154-165 1996年)
その他 佐潟周辺自然環境保全連絡協議会会員
佐潟観光プロジェクトチーム
赤塚佐潟観光ボランティアガイド
赤塚小学校評議員
中原邸保存会 など
他の教員紹介はこちらへ