公務員/資格試験

公務員試験対策講座

公務員試験・民間企業の一般教養試験に対応。

本学では就職支援活動の一環として、公務員希望者を対象とした『筆記試験対策』を学内で開講しています。公務員共通試験『教養試験科目』に限定し、基礎から実践に至るまで、段階的に学習を行います。試験直前期には、個々の学力を計りながら、苦手分野の対策を強化し、合格を目指します。また、民間就職希望者へは「SPI2(非言語分野)対策」の講義を加え、筆記試験対策を万全のものとします。

資格取得支援

対策講座や学内での試験開催などによって、資格取得を応援。


「資格を取得して就職活動を有利に進めたい」「スキルアップをめざす」

そんな学生を支援する各種試験の斡旋サポートも充実。

TOEICの特別受験制度

TOEICは世界170カ国以上で実施されている英語のコミュニケーション能力テストです。TOEICとは、Test of English for International Communicationの略語で、1,300以上の企業や団体が新入社員の英語力評価にこのテストを利用しています。毎年NUISでは、TOEICの団体特別受験を実施しています。

中国語検定

毎年3月、6月、11月に全国で実施される中国語検定試験。20年の歴史を持ち、現在では毎回約1万人の志願者を集め、社会的評価も高まっています。近年は、特に高校生・大学生の受験者が増加傾向にあります。4級(基礎レベル)から、中国語を高いレベルで駆使できる能力を保証する1級(両国語による翻訳・通訳が可能なレベル)までの6段階です。

ロシア語能力検定

毎年秋に日本で唯一の公開「ロシア語能力検定」試験が新潟市でも受けられます。総合的な語学力を認定するために、発足当時から「読解力」だけでなく「聴取力」や「会話力」、また日本語をロシア語に「翻訳」する力を確かめることを目的に、「露文テキストの朗読」や「聴取」「会話(口頭作文)」の科目を取り入れた試験となっています。

ハングル能力検定試験

2002年ワールドカップサッカー共同開催をはじめ、最近では韓国に対する関心が高まり、韓国語・朝鮮語の必要性も増してきています。ハングル能力検定試験は、日本で6番目の外国語検定試験として各界の注目を集めており、官庁をはじめ公共団体、企業教育機関などで利用されています。

Microsoft Office Specialist

「Excelが使える、Wordが使える」などといった目に見えないスキルを客観的に証明することができます。実際のアプリケーションをコンピュータ上で操作する実技試験で、企業が学生に求める資格として、最も支持を集めています。「合否」は受験後すぐに判定されるため、就職活動に活かせます。本学では、毎月受験できる環境が整っています。

情報処理技術者試験

情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。情報システム学科では、専門科目「基本情報処理特論2」を履修することで、基礎レベルを評価する「基本情報技術者試験」に合格する力を身につけることができます。また、上級レベルの「応用情報技術者」の取得も推奨しています。毎年4月と10月の第3日曜日に実施。

ITパスポート

コンピュータを熟知し活用できる人材は、あらゆる職場で欠かせない存在になっています。システムの利用者として一定の知識や技能を有し、ニーズに合ったコンピュータの活用や実務的な情報システム構築など、EUC(エンドユーザーコンピューティング)の推進役として、今最も注目されている資格です。

コンピュータ・グラフィックス

(CG)検定

コンピュータ・グラフィックス(CG)は各種の情報伝達において視覚的に大きな効果があり、広い分野でその導入が必要とされています。CGに関する一定の水準を確保した知識・技術を持った人材を育成することを目的とした文部科学省認定の公的資格で、商用利用が可能な高品質かつ本格的なCGを作成するための知識・能力を習得するための検定です。

インターネット検定

「.com Master」

「インターネットを楽しく安全に利用できる」というレベルから「ネットワークの運用管理や構築などビジネスに活用できる」レベルまで、実践的で最新のインターネットスキルを身に付けることができる検定です。特定のソフトやシステムに偏らない総合的なスキルを習得でき、さまざまな企業が取得奨励資格に採用するなど、ビジネスの現場でも注目されています。

日商簿記検定

全ての会社は商法等のルールに則って帳簿をつけ、財務諸表等を作成します。この帳簿のつけ方やそこに表れる数字の意味を理解することは、情報公開の進む今日、全てのビジネスにおいてますます必要とされる能力でしょう。日本商工会議所の簿記検定試験は、この帳簿を正しく記入し、数字を読み取る能力を試す試験です。なお、本学では学内試験・対策講座も実施しており、特に推奨しております。

ファイナンシャル・プランニング技能検定

金融商品、株式、保険、不動産、税金、年金、ローンなどの幅広い知識があり、顧客の貯蓄計画や相続対策など、トータルな資産設計・相談業務に必要な技能を測る検定です。3級から1級まであり、実務経験を必要としない3級・2級の取得を目指します。試験は1月、5月、9月の年3回実施され、学科試験と実技試験があります。

その他

秘書技能検定 / TOEFL / 社会保険労務士 / 色彩検定 など

キャリア支援課で受付する資格・検定試験

観光英語検定試験(年1回:10月)
中国語検定試験 (年1回:6月)
TOEIC IPテスト (年2回:7月・12月)
情報処理技術者試験 (年2回:*公開試験 4月・10月)
日商簿記検定 (年3回:6月・11月・2月)
秘書技能検定 (年3回:6月・11月・2月)
Microsoft Office Specialist (年12回:毎月実施)

エクステンションセンターで受講できる資格取得講座

 新潟国際情報大学では就職支援活動の一環として、エクステンションセンター(新潟中央キャンパス内)にて開講している資格取得講座を利用し、在学生は特別料金にて受講することができます。また、父母会からの受講料補助を申請することで、更に安い受講料で講座を受講できるようになりました。

講座名
日商簿記検定3級合格講座
ファイナンシャルプランニング技能検定3級合格講座
TOEIC 集中講座
マイクロソフトオフィススペシャリスト Word2010 資格試験対策講座
マイクロソフトオフィススペシャリスト Excel2010 資格試験対策講座
ITパスポート試験合格講座

〇受講料についてはこちら

〇本学の資格取得奨励奨学金についてはこちら