学生相談(カウンセリング)の利用

 学生相談室は管理研究棟1階(保健室内)にあります。学生相談室には臨床心理士が曜日及び時間を定めて在室しており、学生の様々な相談(カウンセリング)に応じています。

 例えば「友だちのこと」、「大学のこと」、「自分自身のこと」、「特に悩みはないけれど、話しをしてみたい」、「一人で悩みを抱えてしまって誰にも言えない、一人では解決できない」など、どのようなことでもかまいません。また、障害のある学生からの相談にも対応しています。どのようなことでも、気軽に相談してください。

ただし、臨床心理士への相談は事前予約を原則としていますので、学生支援センターで予約してください(学生支援センターで直接予約するか、E-Mail:hoken@nuis.ac.jp宛に学籍番号・氏名を明記して予約申込をしてください)。なお、当日予約が入っていない場合は相談することができます。


 また、学生会館内の学生支援センターには学務課職員(看護師)がおり、学生の様々な相談に対応しています。どのようなことでも気軽に相談に来てください。学生支援センターでの相談は予約不要ですが、授業などの都合に応じて時間を予約することもできます。

〇臨床心理士の相談日・時間:

 授業期間中の水曜日または金曜日(週替わり)の15時から18時まで(要予約)

 ※曜日によって、対応する臨床心理士は異なります。

 ※詳細はポータルサイト及び掲示で確認してください。


〇学生支援センターの相談日・時間:

 月曜日~金曜日の9時から18時まで(予約不要)

 ※詳細はポータルサイト及び掲示板で確認してください。

保健室の利用

保健室は管理研究棟1階にあります。風邪、腹痛などの体調不良や体育実技などでの負傷、その他心身に不調をきたした場合は保健室を利用することができます。保健室の利用を希望する学生は、学務課まで申し出てください。


毎年、所定の期日(4月上旬)に学生の定期健康診断を実施します。この健康診断は全学生が毎年、受診しなければなりません。また、必要に応じて臨時に行うことがあります。その結果、特に所見のあった学生には、再検査、精密検査、保健指導を行います。

また、定期健康診断の結果は約2週間後に学務課から渡します。定期健康診断を受診していない学生には、健康診断証明書・健康診断結果証明書を発行することができません。


なお、本学の学生定期健康診断(結核定期健康診断)は、新潟市結核予防費補助金事業に基づく補助金を受けて実施しています。

予防すべき感染症について

大学において予防すべき感染症は、学校保健安全法施行規則で下表のとおり規定されています。大学内で一人でも感染者が発生すると大学内外での影響が大きく、当該感染者一人だけの問題ではなくなります。また、それぞれの感染症には登校できない期間が定められていますので、各自が予防接種を受けるなど感染予防に努めるとともに下表の感染症と診断された場合は速やかに学務課へ連絡してください。また、登校を再開する際は、医師が証明する「感染症登校許可証明書」を学務課に提出してください。

感染症の種類 登校できない期間
インフルエンザ 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで
ただし、医師より感染の恐れがないと認めたときは、この限りではない
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻しん(はしか) 解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふく風邪) 耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
風しん(三日ばしか) 発疹が消失するまで
水痘(みずぼうそう) 全ての発疹が痂皮化する(かさぶたになる)まで
咽頭結膜熱(プール熱) 主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核、髄膜炎菌性髄膜炎、コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎(はやり目)、急性出血性結膜炎、その他の感染症
医師より感染の恐れがないと認められるまで

AED(自動体外式除細動器)の設置について

本学では下記の3ヶ所にAED(自動体外式除細動器)を設置しています。AEDは自動的に心臓の動きを解析し、除細動が必要かを音声で指示する機械で、資格を持つ医療従事者以外でも、使用することができるようになっています。

人命救助に必要な行動が迅速に、途切れずに行われることを「救命の連鎖」といい、(1)119番への通報、(2)人工呼吸と心臓マッサージの実施、(3)AEDの使用、(4)医師または救急隊員による救急処置の、一連の実施によって成り立っています。学内外を問わず、意識がなく倒れている人がいたら周囲に協力を求めるとともに、救命手当にあたってください。

自動体外式除細動器(AED)の設置場所

  【本校(みずき野キャンパス)】

    ・管理研究棟正面玄関前

    ・スポーツ施設玄関前

  【新潟中央キャンパス】

    ・事務室

セクシュアルハラスメント防止への取り組み

セクシュアルハラスメントにはさまざまなタイプがあります

不快と思われる性的な言動で相手の人格を傷つけることをセクシュアルハラスメントといいます。

大学におけるセクシュアルハラスメントには、先輩と後輩、教職員と学生、上司と部下といった地位や力関係が背後にあることが多く、学習する権利を奪ったり、教育研究環境を悪化させるなど、個人レベルでは解決できない複雑な問題をはらんでいます。

被害者のほとんどは女性ですが、もちろん男性に対するセクシュアルハラスメントもあります。男女を問わず、誰にでも起こりうる身近な問題として、一人ひとりがセクシュアルハラスメントについて考えることが何より大切です。


セクシュアルハラスメントにはさまざまなタイプがあります

1.地位や立場を利用し、成績評価や人事などを条件にして、相手に性的な要求や嫌がらせをする(地位利用型)。

2.性的な誘いを受け入れるか否かを理由に、相手に利益や不利益を与える(対価型)。

3.不特定の相手に対して、わいせつな写真や画像を掲示し、職場や教育環境を悪化させる(環境型)。


本学の基本方針

本学では、セクシュアルハラスメント対策委員会を設置し、すべての学生及び教職員が、個人として尊重され、互いの信頼のもとに、学業・教育・研究・職務に専念することのできる環境をつくり、これを維持していくことに努力しています。そのため卑劣な行為であるセクシュアルハラスメントは決して許さず、防止する方策をとると共に、問題が発生した場合には速やかに適切な対処をしていく方針です。


セクシュアルハラスメントに関する相談

セクシュアルハラスメント対策委員会では、みなさんの相談に応じます。被害者だけでなく、相談を受けた者または被害を目撃した第三者が相談しても構いません。

プライバシーや秘密は絶対厳守します。また加害者からの報復など、相談者の不利益となることが生じないよう十分な配慮をします。解決方法は、相談者の納得がいく解決が得られるよう、適正かつ公正な措置を講じます。

どんなに些細と思われることでも、一人で抱え込まずに、勇気を出して相談してください。

どの相談員にも自由に相談することができます。電話、Eメール、手紙でも結構ですので、相談の申し込みをしてください。 相談には、主観を排除するため、原則として相談員2人が対応します。

氏名 電話番号(研究室) 所属メールアドレス
白井 健二 025-239-3731(502) 情報文化学部 shirai@nuis.ac.jp
區 建英 025-239-3715(307) 国際学部 ou@nuis.ac.jp
押味 京子 025-239-3111 学生会館学生支援センター oshimi@nuis.ac.jp
小林 正人 025-239-3111 事務局総務課 kmasato@nuis.ac.jp