大学からのお知らせ

第11回FD研修会を2020年12月2日(水)に本校(みずき野キャンパス)大会議室で開催しました。

今回の研修テーマは、「新潟国際情報大学のオンライン授業」でした。

研修会は二部構成で行われ、第一部では、大阪大学 村上 正行教授、根岸 千悠助教によるオンライン講演が行われ『オンライン授業の設計・実践・評価を考える』と題してご講演をいただきました。

オンライン授業を設計する際の工夫と実践例について紹介がありました。講演後、活発な質疑、意見交換が行われました。

第二部では、本学教員による「教育改善事例報告」が行われました。事例報告では、オンライン授業において教育的効果があった授業方法が紹介されました。

次に、データサイエンスと社会とのつながりについて教授できる教員養成を目的に、中田 豊久FD・中期計画推進委員より、「データサイエンスとはなにか、データサイエンスを学ぶ重要性と必要性」について発表がありました。2020年度前期の授業評価アンケート集計結果と過去(2015~2019)との比較について、データサイエンスを活用した分析結果の説明があり、データから読み取れる傾向について報告がありました。最後に、佐々木 宏之FD・中期計画推進委員長より、本学のオンライン授業に関する教員と学生のコメントについて報告がありました。

講演及び紹介された教育改善事例は、以下のとおりです。

【第一部】講演(オンライン)

○演題:『オンライン授業の設計・実践・評価を考える』

○講師:村上 正行氏(大阪大学 全学教育推進機構 教育学習支援部 教授)

    根岸 千悠氏(大阪大学 全学教育推進機構 教育学習支援部 助教)


【第二部】教育改善事例報告 『オンライン授業実施例』

i 経営情報学部 山下 功 准教授

ii 国際学部 澤口 晋一 教授

iii アンケート集計報告(データサイエンスと教育)

FD研修会は、外部講師による講演及び本学の事例報告より、オンライン授業の有効性を活用しながら教育の質を高め、本学の人材育成につなげることを目標として実施しています。

今後も大学として組織的にFD活動に取り組むことで、教育の一層の充実を図って参ります。