大学からのお知らせ

 9月18日から、後期授業を原則対面式で開始しました。

 新型コロナウイルス感染防止対策として、教室における受講者数は収容人数の50%以下とし、周囲との空間を確保しています。受講者が50%を超過した授業は、他の教室へ対面授業の映像をリアルタイム配信して受講するハイブリッド授業を行っています。

 教卓には感染防止パーティションを設置し、更にみずき会(同窓会)から寄贈していただいたフェイスシールドを全学生に配布しました。主に、発話を有する授業で着用しています。

 また、入口を2か所に限定して、手指消毒とマスク着用の徹底、会食による飛沫防止対策として学食には感染防止パーティションを設置しています。このように学内のあらゆる施設において万全な感染防止対策に努めています。