大学からのお知らせ

新潟国際情報大学トップページ > 大学からのお知らせ
デジタル大学案内
広報・各種パンフレット
海外提携大学との国際交流事業
国際交流ファシリテーター事業
JABEE認定取得
認証評価
オープンカレッジ公開講座

2020年度第3回スタッフセミナー開催のお知らせ

2020.09.01 [大学からのお知らせ]


 2020年9月23日(水)にスタッフセミナーを開催します。スタッフセミナーとは、教員間の研究・教育に関する情報交換とその質的向上を目的として、開催しているセミナーです。当日は、本学国際学部准教授 佐藤 若菜 氏が自著『衣装と生きる女性たち:ミャオ族の物質文化と母娘関係』について講演いたします。

 ソーシャルディスタンスを保ち、換気/消毒は徹底します。どなたでも、お気軽にご参加ください。



■日   時:2020年9月23日(水)16:30~18:00


■会   場:Webex 会議室


■講   師:佐藤 若菜(本学国際学部 准教授)


■演   題:自著『衣装と生きる女性たち:ミャオ族の物質文化と母娘関係』について

■要   旨:

ミャオの衣装と聞くと、一度はご覧になった方もいるかもしれません。独特の精緻な刺繍に飾られたボリューム感のある衣装は大変印象的で、日本でも、それを紹介する展覧会や書籍は少なくありません。しかし、華麗な飾りと豪華な刺繍は注目されても、その細かな技術や素材、パーツの背後に複雑な社会関係が織り込まれていることには、これまで関心がもたれませんでした。ミャオ族は、中国南部から大陸東南アジアにかけての山間部に住んでいます。大陸高地のどこまでも山襞の続く土地で、漢族や周辺諸民族と交流しながら、どのようにその社会を維持してきたのか。家族関係、生業を通じた社会関係は独特です。そして、彼らの衣装を構成する個々のパーツの素材や色、刺繍の文様や製作技法、さらには着用・保管・譲渡といった行動にまで、社会関係(とりわけ母娘関係)に関わる規範と歴史が細々と織り込まれています。本書ではこれらの点を明らかにするとともに、ミャオ族の女性たちが、なぜいまもなお衣装を作り続けているのか、その答えをモノと人、社会の側から検討しています。

■ミーティングリンク:

https://nuis.webex.com/nuis/j.php?MTID=m8ae2b4615597117fb87ab08e046e027a

(またはミーティング番号:165 257 8206)

■パスワード:seJ8QUV9j2y (73587889 電話またはビデオシステムから参加の場合)

■問合わせ先:スタッフセミナー担当 鈴木

           (025-239-3111(代表))