活躍する卒業生

地域・分野を問わず、OB・OGが活躍しています。

国際学部の学び

チャレンジっておもしろい。「未知」って楽しい。

教えてくれたのはNUISでした。

本田技研工業株式会社 カスタマーファースト本部


国生 史子 さん

2005年本学卒業(新潟県立新潟中央高等学校卒業)

 世界中のHondaのお客様に満足して製品を使い続けていただけるように、必要な市場の情報を取りまとめ、開発部門へ届けるのが私の仕事です。何か製品に不具合があった場合、スピーディーに現場の声を吸い上げ、対応策を練り、適切な対処方法をお客様に知らせる。一つの案件に半年以上かかることも多く、原因を探るために、サービスピットで車両の構造や使い勝手を確認することもあれば、海外の現地法人と電話やテレピ電話で話したり。当社には 「1台目は営業が売り、2台目はサービスが売る」という言葉があるほどサービスを大切にしています。そんな中、お客様の目線に立ち、お客様の代わりに声を出し、サポートしていくことが私の任務だと思っています。


 入社した時からずっと、この海外サービス部門にいます。「地域と日本をつ なぎ、車を通して日本を売り込みたい」。そんな思いを、できるだけお客様に近いところで実現していきたいと、自分から希望しました。ずいぶん大きなことを考えていたと思いますが、でも、チャレンジしなければ何も始まりません。そんな精神は大学時代、NUISで培われました。


 「海外に行ってみたい」。漠然とした思いで選んだ大学でしたが、実は英語は不得意で、一年次の時、自ら留学先を探して訪れたアメリカの短期留学では「話せない」という事実を突き付けられました。これが悔しくて「話せるようになりたい」とCEPをフル活用し、英語を日常的に使うようにしました。更に大学や新潟市主催の英語スピーチコンテストに出場したり、国内外の学生と国際問題について英語で議論をする国連大学グローバルセミナーに参加したり。CEP、スピーチコンテスト、英語のセミナー。大学時代の三つの英語体験を通して「チャレンジっておもしろい。もっとチャレンジしたい」と思いました。


 その頃には「もっと勉強したい」という思いが強まり、卒業後は神戸大学の大学院へ。研究者を目指して進んだ道でしたが、フィールドワークを続けるうちに、本や論文を相手にするより「人」と関わりたい、世界中の人に喜んで使ってもらえるモノを提供してみたい、と気持ちが変わりました。留学や旅行でたびたび訪れていたアジアで、Hondaのバイクを女性もよく乗っていたのを見て、日本のメーカーが面白そうだと思ったのも理由の一つです。


 そして入社、4年後には念願の海外勤務へ。ただ、その時は先輩と一緒のトレーニーとしてのイギリス駐在でしたが、1月から赴任した南アフリカではアフターセールス領域は1人。しかも訪れたことのないアフリカという土地。どんな所なのか、何が待っているのか、全てが楽しみです。「未知の世界に飛び込むワクワク感って楽しい。もっといろいろな国の人と 会ってみたい」。仕事をする中でも新たに夢が生まれ、前へ前へと歩く今の私をつくっています。

NUISを目指すみなさんへ


大学時代はチャレンジにぴったりの時間です。NUISではぜひ、いろいろなことに挑戦してほしいと思います。難しいのは最初の一歩。やっぱり勇気がいります。でも、踏み出せばその先には必ず出会いがあり、新たな価値観があり、発見があります。体験を通して、違う自分に会うのもまた、発見です。挑戦できる時間や機会があるのに、止まっているのはもったい ないです。恐れることなくチャレンジしてください。


専攻していた中国語をいかして

日本と中国をつなぐ架け橋に

株式会社ヨシカワ ライフスタイル事業部


加藤 麗那 さん

2015年本学卒業(新潟県立新潟北高等学校卒業)

 私の所属するライフスタイル事業部は、ステンレス製の鍋ややかんといったキッチン用品を、百貨店やホームセンターに向けて卸し、販売をしています。日本国内のみならず海外へも積極的に発信していて、金属加工技術を誇る燕三条地域の製品を、アジア各国や地域、EU、北米の代理店を通して現地の百貨店へ、そしてお客様の元へと届けています。大学時代は中国語を専攻し2回の留学を経験、中国語検定準1級/HSK検定6級を取得しました。また、區ゼミで培った語学力を活かして、普段は、現地顧客とのやり取りなど輸出に関する業務に携わっています。中国語を使うことも多く、年に5~6回は中国語圏に出張。出張先では顧客に商品の提案をしたり通訳をしたり、展示会や現地の市場調査をしています。国によっては食文化が違うことから、ニーズに合わせた商品提案が大切ですが、異文化に触れることによって自身の視野も広がり、入社して3年経った今でも新鮮なことばかりです。

NUISを目指すみなさんへ


言語を身につけることと同じくらい、その国の文化を理解することは大切です。NUISで異文化を学ぶと、異国のことだけではなく、日本のいいところ、悪いところも発見でき、日本をより深く理解できるようになります。NUISには可能性を広げ、異文化に触れられる第一歩があります。


留学で感じた世界の広さと多様性が

プラス思考の言動力に

佐渡市役所


伊豆野 裕 さん

2008年本学卒業(新潟県立両津高等学校卒業)

 観光振興課で、外国人観光客に佐渡の良さを知ってもらい、旅行に来てもらうように働きかけています。具体的には、海外の旅行会社やメディアの方々を佐渡に招き、佐渡の観光素材だけでなく、雰囲気や人の温かさなどを感じてもらい、佐渡への旅行ツアーを作ってもらったり、雑誌やSNS等を通して情報発信し、PRを行ってもらいます。また、海外の観光展にも出展し、現地で直接、佐渡の魅力を伝えることも仕事の一つです。


 大学卒業後は、日本サムスンという専門商社で仕事をし、その後、2015年に佐渡にUターンしました。きっかけは、地元を盛り上げたい、生まれ育った町のカになりたいという想いからでした。


 今の私があるのは、学生時代の部活動の立ち上げと留学経験の2つが大きく影響していると感じています。何もない状態から形にする経験と、いろいろな価値観の中で相手を認め、尊重し、理解する経験が、仕事を進める上での根幹を成しています。それは、前職でも現在の職でも変わりません。今まで以上に急速にグローバル化が進むこれからの世界において、学生時代にさまざまな形で学んだ国際理解力を武器に、地域と一緒に成長していきたいと思っています。

NUISを目指すみなさんへ


視野を広げ、価値観に影響を与えるのは、自分と違う価値観の人とどれだけ出会えるかです。大学生活の中で、その出会いをぜひ体感してください。留学制度をはじめ、何事も積極的にサポートしてくれる体制など、 NUISはさまざまなことを可能にしてくれます。


留学が「日本らしさ」を見直すきっかけとなって、伝える側に

株式会社JALスカイ


五十嵐 愛里 さん

2016年本学卒業(新潟県立新発田南高等学校卒業)

 羽田にある東京国際空港で、国際線のカウンター業務のほか、お客さまに搭乗口の案内をしたり、手荷物の返却などをしています。「航空業界で働きたい」と思ったのは高校生の頃。ぼんやりとした憧れが、NUISで学ぶ中で、はっきりとした志望になりました。世界の人たちが行き交う場所で、「日本らしさやおもてなしの心を伝えたい」と思うようになったのです。

 もともと、着物や抹茶など日本の伝統的なものに興味があり、NUISでは茶道部に入部したほど。そしてその後、中国への留学をきっかけに、日本文化の良さを再発見しました。

 留学期間は1年と4カ月。中国語コースを選択していたので、北京への4カ月の派遣留学制度がありましたが、中国語の區先生から勧められて1年間延長。「勉強したい気持ちがあるなら、奨学金をもらって続けてみては」とやさしく送り出してくださいました。

 中国で暮らす中でもっとも印象的だったのは、文化の違いでした。接客の現場でも、自分の意見をはっきり言う中国人に出会い、日本人の気配りや目配り、心遣いが日本ならではのものだと気づきました。どちらがいいということではありませんが、海外に出たことで、日本では気づけなかった日本らしさを知ることができ、そして「今度は自分が伝える側になりたい」と思いました。

 毎日、国内外を問わず、たくさんのお客さまにお会いします。そんな中、いつも自分に言い聞かせているのは「常識は常識ではない」ということ。これも、NUISで学んだことでした。国によって生活習慣も違えば文化も違う。だから、相手が自分とは違う背景を持っていると思って接し、相手によって対応も変えなければならない、と。そんな日々は、新しい出会いや発見に満ちていて、入社して3年経った今でも、わくわくが続いています。

 来たる2020年は、日本にとっても旅客に関わる私たちにとっても、重要な年です。世界各地からいらっしゃるお客さまを、日本の心でお迎えし、おもてなしできるように、今から心の準備を始めています。

NUISを目指すみなさんへ


少人数で、先生との距離が近いのがNUISの大きな魅力です。私に留学延長を勧めてくださったように、先生方が学生一人ひとりを見て、親身になってくださっていると感じました。また、さまざまな文化や背景を持った先生が多く、キャンパスの中に「外国」があるのもNUISならではです。


大学での経験が今の自信につながっていますに

燕市役所(新潟県庁派遣 新潟県農林水産部食品・流通課)


長井 沙耶 さん

2015年本学卒業(新潟県立燕中等教育学校卒業)

 大学卒業後は大好きな地元に恩返しをしたいという思いから燕市役所に就職し、主要な産業である商工業を振興する部署に配属されました。その中で県庁への派遣の話をいただき、現在は新潟県農林水産部食品・流通謀で、野菜の需給調整や、その流通ルートである卸売市場の監督・指導などの業務にあたっています。

 公務員にとって業務内容が大きく変わる異動はつきものですが、市から県への派遣は職場自体が変わり、求められる資質も異なるため、一筋縄ではいかないことが多々あります。それをも新鮮さとしてポジティブに受け止められるのは、やはり大学時代での経験が大きいと感じています。

 本学では裏千家茶道部の立ち上げに携わり、部長として部を引っ張る傍ら、専攻していた語学の資格取得、アルバイトのかけもちなど、自分がやりたいと思ったことは何でも手を抜かずに頑張ってきました。今振り返っても忙しい日々だったとは思いますが、楽しく充実した学生生活でした。

 そうした日々を過ごしてきた経験が、現在の業務の中でも「私ならできる!」と思える、いわば原動力になっていると思います。

NUISを目指すみなさんへ


NUISにはやりたいことができる環境があります。部活の立ち上げ、留学、興味のあることを突き詰めて学ぶなど、いろいろなことが「やってみよう!」で実現できるところが魅力だと思います。まずは口に出してみてください。 きっと賛同してくれる仲間が見つかると思いますよ。


NUISで学んだ柔軟に、多元的に考えるという姿勢

株式会社リンコーコーポレーション 運輪本部東港支社国際物流部通関課


吉田 敬伸 さん

2015年本学卒業(私立北越高等学校卒業)

 私は現在、通関という仕事をしています。通関という言葉は聞き馴染みがないかと思いますが、外国から到着した貨物を輸入する、または日本から外国へ輸出するためには税関への事務手続きが必要となります。輸出入を伴う事務手続きには日本国内の法律、外国の法律、国際法、国際条約などさまざまな法律が関わりとても複雑です。その手続きを輸出入者の代理人として請け負うのが私の仕事です。在学時は留学に参加し、さまざまな国籍や人種の方と同じ学び舎で勉学に励みました。そこで自分が感じたことは、国籍や人種は違えど何をされたらうれしく、何をされたら悲しいかは世界共通であるということです。留学を通し、人と人が関わるうえで相手の気持ちを理解して行動することの重要さを改めて実感しました。

 私の仕事はお客さまの代理人をすることで成立しているので、お客さまの要望にかなう内容をご提案していくことがとても重要です。そのため大学時代に学んだ柔軟に相手の立場に立って考えるという姿勢は、場面を問わず重要なスキルとなっています。

NUISを目指すみなさんへ


私は大学の派遣留学制度を利用し、初めての海外生活で語学に限らずさまざまな経験をしました。そして大切なのは、その経験を今後にどう活かしていくかということです。皆さんには大学生活を自己成長のステージと捉え、自分が将来何をしたいのかを時間をかけて考える場所として、大切に過ごしていただければと思います。


経営情報学部の学び

自由に生き、思考の幅を広げられた大学時代。

「やり切る」根性が現在の道を拓いて。

株式会社DTS 法人通信事業本部第三法人事業部 事業部長


木村 真幸 さん

1999年本学卒業(新潟県立新潟東高等学校卒業)

 NUISの2期生として卒業、新卒でこの会社に入ったので、早いもので19 年になります。企業を相手にコンサルティングから設計、開発、運用などシステムに関するすべてをサポートする会社において、現在は事業部長として事業計画をまとめるほか、企業と打ち合わせをしてシステムを作ったり、また子会社の取締役として、社員にメッセージを送ったり、さまざまな業務を担当しています。


 現場では、新発売となった清涼飲料水の物流システムを、単に効率良く動かすだけでなく、CM効果や利益率を最大限に発揮できるように構築したり、高速道路自動運転化を視野に入れたシステムにAIを組み入れて考えたり、世界で展開するアパレルの通販サイトに関わったり。大手企業との仕事がほとんどで、相手は外国人も多いのは、やはり首都圏の会社ならではだと思います。海外出張も多く、年に2、3回はアジアを中心に各2週間ほど滞在して、打ち合わせのほか委託先の教育などを行っています。


 就活前から、就職は首都圏のIT企業と決めていました。入社当時は東証二部上場だったこの会社も、今では一部上場企業となり、社員数も2倍に。約20年の間に成長した企業でステップアップできたのは、問題解決能力に尽きます。言い換えれば、決してあきらめずに、根性でやり切ってきたから。プログラミングという仕事をしていると、必ずトラブルに直面します。その時にどう対処するのかが肝心。起こった問題に対して逃げることなく、かわすことなく、しっかりと捉えて最後までやる。社会に出ると、出身大学の名前はまったく関係ありません。資格も実は、あまり関係ありません。結局はその人次第、「やり切る」かどうかだと思います。


 大学時代にやり切ったことといえば部活です。バドミントン部に所属していましたが、創立して2年目ですから、当初は部の方向性も定まっていませんでした。そんな中「本気でやる」と志を一つにした仲間たちとひたすら練習して、最後は2部リーグの入れ替え戦まで行きました。その後、強化指定部になったベースは自分たちがつくったのだと、自負しています。授業は正直、あまり真面白に出ていなかったのですが、記憶に残っているのは統計やマーケティングの講義。ものごとをいろいろな角度から見ること、その楽しさを教えられました。

NUISを目指すみなさんへ


大学を目指すみなさんに伝えたいことは、とにかく大学時代は自由な時間を過ごして、思考の幅を広げてほしいということ。働き始めると、なかなかそういう時間は持てません。勉強だけでなく、アルバイトでも遊びでも、とにかく本気でやる。そうすると、見えてくるものがあるはずです。本気でやらないと楽しさも味わえませんから。もちろん、本気で挑戦すれば、当然、痛い失敗もあると思います。でも、この失敗こそ大事だと、今は言えます。勉強になるのは明らかに失敗事例で、失敗の積み重ねがナレッジ(知識)となるからです。ITの世界において、使っているコンピュータは学生もプロフェッショナルも同じです。有利に働かせられるかどうかは、このナレッジ(知識)にかかっているのです。そしてもう一つ、就職には首都圏という選択肢を、ぜひ加えて欲しいと思います。大学で視野を広げながら、そして世界を身近に感じながら、地元での就職しか考えないというのは、ちょっともったいない。今や情報に時差はありませんが、ITの世界で も、流れの源はやはり首都圏にあります。枠の中から外へ飛び百すつもりで、挑戦してほしいですね。


新潟からアニメVR/ARコンテンツを。

大学での経験が今の仕事に

株式会社シーエスレポーターズ Gugenka®事業部


阿部 英輝 さん

2017年本学卒業(私立東京学館新潟高等学校卒業)

 新潟に本社を置く株式会社シーエスレポーターズのGugenka🄬(グゲンカ)事業部にて、アプリケーションの開発を担当しています。Gugenka®は主に日本の人気アニメ、マンガコンテンツのVR/ARアプリを開発するチームです。2017年は「Re:ゼロから始める異世界生活」などの人気作品のVRアプリをリリースし、東京ゲームショウや各種イベントに出展をしました。2018年春には、LIVE配信サービスSHOWROOMにて「東雲めぐ」がデビューするなどGugenkaオリジナル作品にも注力しています。これらはシーエスレポーターズが掲げる「Making the Fan/Fun」のもと、自分も楽しみながらお客様・ユーザーに楽しさを提供で、きるよう心掛けています。作ったものを他人に喜んで、もらえるのはとても励みになりますね。

 私は大学時代にVRIこ出会ったことでIT業界への憧れが強まりました。それからこのワクワクを、たくさんの人に知ってもらいたいと考えるようになりました。アプリ開発に関する講義では、開発の基礎的な知識を学ぶことができるので、新たな事に挑戦するこの業界でも充分に応用できていると思います。

NUISを目指すみなさんへ


自分のやりたい事を模索してみてください。在学中は新たな出会いと発見があると思います。システムを開発する、ゲームを作るなど出来る事はたくさんあります。NUISで得られるたくさんの知識や経験は、自分自身の財産になって社会に活かせるはずです。


お客様のニーズに合わせて

資産形成を提案

大光銀行 吉田支店


木下 和 さん

2015年本学卒業(新潟県立新潟西高等学校卒業)

 入行して1年目は預金係として預金や振込の業務を行い、2年目は融資係として個人や法人のお客様のローンや事業の決算書分析などを担当しました。そして3年目の現在は、MA(マネーアドバイザー)としてお客様の資産形成のお手伝いをしています。金利が低い時代にあっても、上手に運用すれば資産を増やせるということをお客様に気づいてもらうのが仕事で、窓口に来られない方の家などを訪問し、資産状況や今後のライフプランなどを聞き取り、その方に合った運用商品をお勧めしています。

 大学では金融工学の白井ゼミに所属し、卒論では企業の業績シミュレーションをしましたが、これが現在の融資業務の参考にもなっています。またNUISの授業では、企業で活躍されてきた方々が教員として教壇に立ち、FP(ファイナンシャルプランナー)などの講義をしてくださいます。MAの仕事をしていると、あの時、説明していただいた内容が具体的になって、理解も深まりました。少子化問題やテクノロジーの進化などにより、金融業界も大きく変わろうとしています。将来を見据えた金融の講義が受けられたことは、今の仕事にはもちろん、社会人としての糧にもなっています。

NUISを目指すみなさんへ


学べる内容も立地的にもいい環境が整っている大学です。国際関係、システム、経営、金融など幅広い分野を学べるので、専門的に学びたい分野が決まっている人も、将来のことで迷っている人も、この大学で自分の目標を見つけ、社会人としての準備を進めてほしいと思います。


ITと医療を結ぶ新しい世界で研究。

始まりにNUISの学びがあります。

埼玉医科大学 保険医療学部臨床工学科 講師・博士(工学)


石川 雅浩 さん

2002年本学卒業(新潟県立両津高等学校卒業)

 埼玉医科大学保健医療学部の教員として、学生にプログラミングや「電気電子実験」を教えるほか、慶慮義塾大学医学部の先生らと一緒に医用画像の研究を続けています。医用画像とは、人体を撮影し計測した結果を画像化したものです。 研究者の道に入るきっかけは、大学3年の合同企業説明会で覚えた違和感でした。「何か違う」。別の道を探した時、小さな頃から体が弱く、貧血で入院していたことを思い出し「医療に関われれば」と。ただ、医療系の資格を持っていたわけでもありません。あきらめずに調べてみると「医用画像処理」という分野があり、ITの知識やスキルが活かせそうだと知りました。そこで新潟大学大学院の自然科学研究科へ進み、医用画像処理の研究を始めることに。博士課程の時には、新潟大学医学部の先生から声をかけられて一緒に研究を行い、院修了後は埼玉大学や東京工業大学で博士研究員として医用画像の研究を行いました。東京工業大学在職時には国際光工学会(SPIE)で賞をいただくことができ、それも大きな励みとなって研究を続け、今に至ります。医療の世界で道が開かれたのは、ベースにNUISで学んだITの知識と技術があったからです。私の場合は医療とITを結ぶ世界に飛び込みましたが、対象は農業でも、教育でも、食でもいいと思います。ITの知識や経験を異分野と結びつけると、未来を大きく広げることができます。

 そしてNUISでは、専攻したITだけでなく、経営やマーケティングなど文系理系を問わず横断的に学べたことが、今の柔軟な考えや対応につながっていると思います。たとえば医師との研究では、高度な医療知識を理解した上で、ニーズを汲み取り、プログラミングという形にしなければならず、知識だけでなく対応力も問われます。直属の教授からは「石川君は文系のやわらかさもあるのが強みじゃないかな」と言われました。ITと医療を結びつけ、経営の知識も役立てながら研究を続ける、そんな広がりのある現在の始まりには、NUISでの4年間がしっかりと刻まれています。

NUISを目指すみなさんへ


NUISには企業や官庁で働いた経験のある先生が多く、リアルな体験談を聞くことで、将来への可能性が広がると思います。またITだけでなく幅広い分野を学べるのも魅力で、一見すると研究には遠そうな経営やマーケティングの知識も今、特許申請のプレゼンに役立っています。


4年間の学びが未来の礎に

株式会社第四銀行


有磯 ゆりえ さん

2017年本学卒業(私立新潟明訓高等学校卒業)

 入行してちょうど2年になりました。最初は預金係として預金や為替の業務を行い、2年目からは窓口係としてお客さまと密に接する機会が増えました。窓口に来ていただいたお客さまの資産状況や今後のライフプランなどを聞き取り、ニーズに合った資産運用の提案をしています。

 大学入学当時はどのような分野の勉強をしたいか定まっていませんでしたが、経営や情報システムの講義を受講していく中で、経営の分野に興味が湧き、金融関係の仕事がしたいと考えるようになりました。経済学やFP(ファイナンシャルプランナー)などの講義で多方面から経営を学んだ経験が普段の仕事のベースとなっています。

 また、業務に必要なFPや財務、法務などの資格試験の勉強でも在学中に学んだ経済・経営の知識が役に立つ機会が多く、企業経験のある先生が行う実践に基づく講義を受けることで、早い段階から社会人としての準備を行えました。

 金融業界では、金融サービスと情報技術の結び付きが強くなっています。大学で経営と情報システムをどちらも学べたことは、これからの私の強みになると感じています。

NUISを目指すみなさんへ


大学生活は社会人としての準備をする大切な期間です。NUISは、いろいろな経験ができ、学ぶ環境が整っている大学です。まずは自分の目標を見つけてください。留学や就職など豊富な実績があるので、実現に向けて全力でサポートしてもらえるはずです。


仲間と共に、成長できる環境がありました

株式会社新潟県農協電算センター


丸山 達也 さん

2008年本学卒業(新潟県立新津高等学校卒業)

 県内のJA職員が利用するシステムの開発、運用等をする会社の営業部で問い合わせ対応等、サポート業務を行っています。主に金融業務を担当しており、勘定系システムの操作方法に関する問い合わせ対応が現在の業務です。現場に出張しシステムの説明をしたり、研修の講師をすることもあります。 1・2年次に履修したプログラミングやテレコミュニケーション、3年次の情報セキュリティ等の講義で修得したシステム系の基礎知識が、入社後の開発作業で活かされたと思います。専門的なことはもちろんですが、国際学部の講義も受講でき、魅力的な先生方の話を聞けたこともとても良い経験になりました。

 またゼミでは、仮説を立てデータを収集し検証するプロセスを学びました。ゼミの担当教員はユーモアあふれるフレンドリーな先生で、今でも先生を囲んで当時のメンバーと飲み会をすることもあります。

 大学生活を振り返ると、留学、サークル、部活、国際交流ファシリテーターといろいろなことに挑戦しましたが、一番印象に残っているのは、やはり友人と過ごした時間です。さまざまな活動を通してできた仲間と共に、成長することができました。

NUISを目指すみなさんへ


人と関わる場所に積極的に参加し交流することで、自然とマナーが身につき、自分が目指すもの、向いていることが発見できると思います。大切な仲間を見つけて、勉強に遊びに思いきり楽しんで大学生活を送ってください。


主な就職先リンク