情報検索教科書

 

 

 

情報検索

 

~情報活用リテラシー向上のために~

情報検索の概念と体系的な情報収集演習

 

===============================================

以下は情報検索の授業で使用している教科書の目次です。

抜粋見本(1.1M)はここをクリックしてください。

 

原本はAmazon.co.jpで入手できます。

A4版 全101ページ ¥1050

=================================================================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------

 

 

 


情報検索

~情報活用リテラシー向上のために~

情報検索の概念と体系的な情報収集演習

      

目次

はじめに                                                      1

1情報収集のための情報検索                                    2

1-1 知識を深めるための情報収集                                2

1-2目的を達成するための情報収集                               2

1-3 情報収集の意義                                            3

1-4情報と情報検索                                             4

1-5情報検索とデータベース                                     5

1-6情報検索システム                                                    7

1-7情報検索と原文情報                                         7

1-8書誌事項                                                   8

1-9遡及情報検索                                              9

 

2.キーワードと検索式                                        11

2-1テキストによる情報の伝達                                   11

2-2キーワード                                                 11

2-2-1キーワードと品詞                                         11

2-2-2フリーキーワードと統制語                                 12

2-3論理演算子                                                 12

2-3-1 AND検索                                                 13

2-3-2 OR検索                                                  13

2-3-3 NOT検索                                                 14

2-3-4 フレーズ検索                                            14

2-4 検索式                                                    15

2-4-1キーワードの選定                                         15

2-4-2検索式の作成                                             15

2-5情報検索と基礎知識                                         16

2-6情報のまとめかた                                           16

 

3.情報源の選択                                                19

3-1 主な情報源                                                19

3-2情報の種類                                                               20

3-3情報源の種類と特徴                                         21

3-4 情報源の選択                                              22

 

4.情報検索の準備                                            24

4-1情報検索課題のタイトル                                     24

4-2情報検索対象分野                                           24

4-3情報検索内容                                              24

4-4情報検索の目的と目標                                      24

4-5日本語のキーワード                                         26

4-6英語のキーワード                                           26

 

5 Web情報検索                                               28

5-1Web情報と検索エンジン                                      28

5-1-1サーバ数とドメイン                                      28

5-1-2 検索エンジン                                            28

5-2 Web情報の特徴                                             29

5-3日本語で利用できる主な検索サイト                   31

5-3-1検索エンジン方式の検索                                   31

5-3-2 カテゴリ方式の検索                                          32

5-4 Yahoo による情報検索                                      33

5-5 Google による情報検索                                     34

5-6 Yahoo!カテゴリとYahoo! Directoryによる情報検索           35

5-7 その他の検索エンジン                                      36

 

6.新聞記事情報検索                                           39

6-1新聞記事情報の特徴                                         39

6-2 日本の主な新聞記事データベース                             39

6-3朝日新聞記事データベース                                   40

6-3-1概要                                                     41

6-3-2 検索方法                                        41

6-4 日本経済新聞データベース                                  43

6-4-1 概要                                                    43

6-4-2 検索方法                                                43

6-4-3 企業情報                                                46

6-5 ELNetデータベース                                         46

6-5-1 概容                                                    46

6-5-2 検索方法                                                46

 

7図書情報検索                                                 49

7-1図書情報の特徴                                             49

7-2図書データベース                                           49

7-3国立国会図書館NDL-OPAC(和図書)データベース                 50

7-4 Webcat Plusデータベース                                   52

7-5 Booksデータベース                                         53

7-6 Amazaon.com                                               53

7-7 都道府県立図書館のOPAC                                   53

 

8.雑誌記事情報検索                                            55

8-1雑誌記事情報の特徴                                         56

8-2雑誌記事データベース                                              56

8-3 MAGAZINEPLUSデータベース                                  57

8-3-1概要                                                     57

8-3-2検索方法                                                 57

8-4 雑誌記事索引データベース                                 58

8-4-1概要                                                     58

8-4-2 検索方法                                                58

8-5 CiNii論文情報ナビゲータデータベース                       60

8-5-1概要                                                     60

8-5-2 検索方法                                                60

8-6 その他のデータベース                                      61

 

9. 英語文献情報検索                                           62

9-1英語文献情報の特徴                                         62

9-2 英語文献情報データベース                                  62

9-2-1 概容                                                    62

9-2-2 商用データベース                                        63

9-2-3 無料データベース                                        64

9-3 EBSCOhostデータベース                                     65

9-4 ProQuestデータベース                                      66

9-5 その他のデータベース                                      67

                      

10. 情報検索の留意点                                          69

10-1情報検索と情報収集                                        69

10-2基礎知識の必要性                                          69

10-3目的・目標の設定と再確認                                  69

10-4著者の存在                                                             70

10-5情報件検索における書誌事項の活用                          70

10-6原文の入手                                                71

 

問題回答例                                                    72

 

 

 

------------------------------------------------------------------------

 

情報検索演習                                                  75

演習1キーワードの概念:新聞記事からキーワードの抽出          77

演習2検索エンジンを使用したWeb情報の収集                    78

演習3遡及情報検索による新聞記事情報の収集                    81

演習4図書情報検索と図書館の活用による図書情報の収集          83

演習5雑誌記事情報検索による一般記事情報の収集                85

演習6雑誌記事情報検索による学術文献情報の収集                87

演習7多情報源検索による体系的な情報の収集                    89

 

演習実施例                                                    92

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------


情報検索

~情報活用リテラシー向上のために~

情報検索の概念と体系的な情報収集演習

 

はじめに

 情報検索は情報リテラシー教育の一環として大学のオリエンテーション科目、あるいは情報基礎科目に取り入れられる事例が報告されている16,19,28,29,30,33,36)。図書館に関連する部署が実施主体となり全学的な科目となっている場合も存在する9,20,21,50)。いずれも大学生として自主的な学習ができるための基礎教育として位置づけられている。インターネット環境の進展に伴い、2000年以降Web情報検索を小中高の授業に取り入れるケースも多くなっている1,11,12)。また、大学での学習に焦点をあて文献情報の検索を主体に構成される例もある13)

情報リテラシーはコンピュータリテラシー、ネットワークリテラシー、情報活用リテラシー、情報基礎リテラシーなどを含む概念として使用されるが、大学における情報リテラシー教育は一般にコンピュータリテラシーに重点が置かれる傾向が強い。情報検索の教科書も、データベースへのアクセス、データベースの構造理解、データの整理方法、情報検索技術などに主眼が置かれ、実際の情報の持つ意味にはあまり着目されていない34,44,47,48。情報検索は情報収集の有力な手段である。情報を活用するためには、情報検索の能力だけではなく、情報検索により収集した情報の持つ意味を活用する能力を向上させる必要がある。そこでこのテキストでは、商用データベースを含め、実際に流通している情報を使い、情報検索で収集した情報の持つ意味を、自己の知識に取り入れて知識を深め8、情報を基に独自に考えることができる、情報活用リテラシーの向上を目指す内容とした。目的や目標を達成するため情報を活用する態度を習得することも含んでいる33)

大学では学習が目的となるため、他者に対する働きかけを伴う情報利用を扱うのは困難である。しかし、一般社会における情報利用では、目的を実現するために、情報に基づいた迅速な判断と行動を含む5,15)。そこで、自らの知識を深めるだけではなく、情報検索の演習を通して、情報を体系的に収集し、目的や目標の実現を意識できるような構成とした。具体的には、事前準備の必要性、目的と目標の設定、情報源の体系的な把握、データベースの理解、キーワード概念の理解、原文情報入手の意義、英語情報の重要性について、実際に流通している情報を扱うことをとおして理解を深める。1995年から2010年の間に学部共通科目として実施してきた情報検索の授業の内容を基本に構成したが、その間にインターネットが急速に発展したことに伴い、学生にとって情報の主体は紙媒体情報から携帯を含むWeb情報へ完全に移行した。そのため、本テキストでは学生の理解が容易になるようにWeb情報を基準とした説明を加えた。