学部紹介

石川 洋 / Ishikawa Hiroshi

所 属 情報文化学部 情報システム学科 石川 洋
職 名 准教授
連絡方法 メールアドレス
学 歴 1986年 静岡大学理学部数学科卒業
1989年 金沢大学大学院理学研究科修了
1998年 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科 博士後期課程修了
学 位 博士(情報科学 北陸先端科学技術大学院大学、1998年3月)
職 歴 1989年4月 株式会社CSK総合研究所入社,エキスパートシステム開発に従事
1992年9月 株式会社CSKへ転籍,同年12月退社
1998年4月 福山大学工学部情報処理工学科 助手
2004年4月 同 専任講師
2007年4月 福山大学人間文化学部メディア情報文化学科 専任講師(配置換え)
研究分野 ①並行自己反映計算の宣言的記述に関する研究
②形式仕様言語による記述の自動検証に関する研究
所属学会 日本ソフトウェア科学会、情報処理学会、電子情報通信学会、人工知能学会、日本数式処理学会、情報システム学会
ACM、IEEE
担当科目 コンピュータシステム、コンピュータソフトウェア、ネットワークコンピューティング
主要業績

①An Example for Concurrent Reflective Computations in Rewriting Logic, First IFIP Workshop on Formal Methods for Open Object-based Distributed Systems,pp.178-185 (1996)
②On the Semantics of GAEA, Proceedings of FLOP,pp.123-142 (1998)
③An Operational Semantics of GAEA in CafeOBJ, Proceedings of OBJ/CafeOBJ/Maude Workshop at FM'99,pp.213-225 (1999)
④Z仕様から代数仕様への自動変換に関する考察,第20回ソフトウェアシンポジウム論文集,pp.31-38 (2000)
⑤A Proposal on a Model of an Autonomous Agent using the Meta-Level Architecture, Proceedings of KIMAS 2003,pp.83-87 (2003)
⑥A Specification Construction Unit-based editor for Z, Proceedings of 29th COMPSAC Workshops and Fast Abstract,pp.5-6 (2005)
⑦ An Approach for Refactoring using ESC/Java2 -A Simple Case Study-,NEW TRENDS IN SOFTWAREMETHODOLOGIES,TOOLS AND TECHNIQUES,pp.61-72(2009)
⑧ A Formal Specification for Routing Information Protocol with VDM-SL,Proceedings of ITC-CSCC 2011.(CD-ROM),4pages(2011)
⑨ A Tentative Approach to Program Refactoring with UML Editor Plug-in for Eclipse, Proceedings of ITC-CSCC 2012(CD-ROM),4pages(2012)
⑩ ProBを用いたVDMの陰仕様の解釈実行の試み、ソフトウェア工学の基礎XXI、日本ソフトウェア科学会FOSE2014,pp.171-176(2014)
⑪ Interpreting Implicit VDM Specifications using ProB, Proceedings of the 12th Overture Workshop on VDM, Newcastle University Computing Science Technical report,CS-TR-1446,pp.6-20(2015) 

その他

Guest Researcher,Aarhus University (Denmark)(2013.9-2014.8)

他の教員紹介はこちらへ