学部紹介

石井 忠夫 / Ishii Tadao

所 属 情報文化学部 情報システム学科 石井 忠夫
職 名 准教授
連絡方法 メールアドレス
学 歴 1980年 山形大学工学部電子工学科卒業
2000年 北陸先端科学技術大学院大学情報処理学専攻博士後期課程修了
学 位 工学修士(山形大学、1982年3月)
博士(情報科学 北陸先端科学技術大学院大学、2000年3月)
職 歴 1982年 日立製作所(株)入社、計測器事業部(旧、那珂工場)において、理化学分析装置のコンピュータソフトウェア設計開発に従事。主に、蛍光/分光光度計、液体クロマト分析装置等の製品を担当し、1989年に同社の技師、1994年に退社。
2000年 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科教務補佐員
研究分野 1.非標準論理、特にnon-Fregean logicの体系の研究
2.構成的型理論に基づいたソフトウェア発展機構の研究
3.量子計算の体系の研究
所属学会 日本数学会、日本ソフトウェア科学会、情報処理学会、情報システム学会
担当科目 論理と数理、線形数学、プログラミング技術特論
主要業績 論文
①「Propositional calculus with identity」,Bulletin of the Section of Logic, University of Lodz, vol.27, Nr.3, 1998, pp.96-104.
②「A note on varieties of PCI-algebras with EDPC」,Bulletin of the Section of Logic, University of Lodz, vol.28, Nr.2, 1999, pp.75-81.
③「Propositional calculus with identity」,Proceedings of the 31st MLG meeting at Miho, shimizu, November 24-26, Japan 1997, pp.22-24.
④「Modality,implication and identity」,XLV History of Logic Conference, October 26-27, Jagiellonian University, Krakow, Poland 1999.
⑤「An Extension of Martin-Lof's Type Theory with an Evolution Relation」,Proceeding of the 34th MLG meeting at Echigo-Yuzawa, January 9-12, Japan 2001, pp.33-37.
⑥「A formal theory of the calculus of indication」,Bulletin of NUIS,Vol.9,2006.
⑦「ソフトウェア仕様の差分について」,Bulletin of NUIS,Vol.10,2007.
⑧「ソフトウェア仕様とプログラムの導出」,Bulletin of NUIS Vol.12, 2009
⑨「構成的型理論に基づいた定理証明プログラムの試作」,Journal of NUIS, Vol.13, 2010.
⑩「SCI for Pain-Sentence」,the 13th Studia Logica International Conference on Trends in Logic XIII,University of Łódź,Poland 2014.
⑪「A system of pain sentential calculus that has a representation of the Liar sentence」,Bulletin of NUIS Vol.1,2015.
他の教員紹介はこちらへ