学部紹介

近山 英輔 / Chikayama Eisuke

所 属 情報文化学部 情報システム学科 近山 英輔
職 名 教授
連絡方法 メールアドレス
学 歴 1993年3月 長岡工業高等専門学校土木工学科卒業
1995年3月 長岡技術科学大学工学部生物機能工学課程卒業
1997年3月 長岡技術科学大学大学院工学研究科生物機能工学専攻修士課程修了
学 位 博士(工学、長岡技術科学大学、2010年6月)
職 歴 2000年5月~2005年4月 (特)理化学研究所ゲノム科学総合研究センターテクニカルスタッフ
2004年2月~2004年3月 東京農工大学工学部非常勤講師を兼任
2005年5月~2011年8月 (独)理化学研究所植物科学研究センター技師
2010年7月~2011年8月 横浜市立大学大学院生命ナノシステム科学研究科大学院客員研究員を兼任
2011年1月~2011年8月 (独)理化学研究所次世代計算機科学研究開発プログラムを兼任
2011年9月~2017年3月 新潟国際情報大学情報文化学部情報システム学科准教授
研究分野 (1)生物物理学
(2)核磁気共鳴/磁気共鳴イメージング
(3)高性能計算
所属学会 日本生物物理学会、日本核磁気共鳴学会、バイオスーパーコンピューティング研究会
担当科目

システム数学、データサイエンス、応用統計学

主要業績

論文
① S. Tomita, S. Ikeda, S. Tsuda, N. Someya, K. Asano, J. Kikuchi, E. Chikayama, H. Ono, Y. Sekiyama, "A survey of metabolic changes in potato leaves by NMR-based metabolic profiling in relation to resistance to late blight disease under field conditions", Magnetic Resonance in Chemistry 55, 120-127(2017)
② Eisuke Chikayama, Yudai Shimbo, Keiko Komatsu, Jun Kikuchi, "The Effect of Molecular Conformation on the Accuracy of Theoretical 1H and 13C Chemical Shifts Calculated by Ab Initio Methods for Metabolic Mixture Analysis", Journal of Physical Chemistry B 120, 3479-3487(2016)
③ J.Kikuchi,Y.Tsuboi,K.Komatsu,M.Gomi,E.Chikayama,Y.Date,“Spin Couple: Development of a Web Tool for Analyzing Metabolite Mixtures via Two- Dimensional J-Resolved NMR Database”, Analytical Chemistry 88,659-665 (2016)
④ E. Chikayama,“Decomposition of multivariate function using the Heaviside step function”, SpringerPlus 3, 704(2014)
⑤ E. Chikayama, Y. Sunaga, S. Noda, H. Yokota“, Solvable model for chemical oscillations”, Journal of Mathematical Chemistry 52, 399-406( 2014)
⑥ T. Mori, E. Chikayama, Y. Tsuboi, N. Ishida, N. Shisa, Y. Noritake, S. Moriya, J. Kikuchi,“ Exploring the conformational space of amorphous cellulose using NMR chemical shifts”, Carbohydrate Polymers 90, 1197-1203( 2012)
⑦ Y. Ogata, E. Chikayama, Y. Morioka, R. C. Everroad, A. Shino, A. Matsushima, H. Haruna, S. Moriya, T. Toyoda, J. Kikuchi,“ ECOMICS: A Web-Based Toolkit for Investigating the Biomolecular Web in Ecosystems Using a Trans-omics Approach”, PLoS ONE 7, e30263( 2012)

その他 2011年9月~ (独)理化学研究所客員研究員
他の教員紹介はこちらへ