大学からのお知らせ

新潟国際情報大学トップページ > 大学からのお知らせ
デジタル大学案内
広報・各種パンフレット
海外提携大学との国際交流事業
国際交流ファシリテーター事業
JABEE認定取得
認証評価
オープンカレッジ公開講座

平成31年 年頭のご挨拶

2019.01.01 [大学からのお知らせ]


「創立25周年  飛躍の年に!」

 学生の皆さん、教職員、ご父母の皆さま明けましておめでとうございます。清々しい気持ちで新たな年を迎えられたこととお慶び申し上げます。


 昨年4月私たちは国際学部の下に国際文化学科、経営情報学部の下に経営学科と情報システム学科という2学部3学科の新しい体制をスタートさせました。この改編は「国際化、情報化が進む現代社会において、環日本海地域の中核都市新潟で地域の発展に貢献できる人材を育成する」という建学の理念を全うし、より魅力的な大学になるようにと行ったものです。大きな成果が得られるものと期待しております。


 そして本年6月、本学は創立25周年を迎えます。現在大学ではこれを記念しての事業企画を思案中です。何か形のあるもので現すとしたらこれまでの道のりを想い起こさせるような簡素なモニュメントづくり、あるいは記念講演会なども考えられるでしょう。前述の「建学の理念」を分かり易い言葉で簡潔に表してみる、つまり大学の特徴や性格を表すキャッチコピーを作ってみるということも考えられます。そうしたことは若い学生の皆さんの鋭敏な感性が得意な分野かも知れません。いろいろなアイディアの提供も含め皆さま方の積極的なご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。


 皆さまご案内のとおり、大学には知的創造を担い教育・研究を通じて社会全体の共通基盤を形成するという大きな使命が課せられると共に、最近はその公共的役割の重要性という観点から「大学による社会貢献」が求められるようになって参りました。本学では早い段階からその重要性に気付き、魚沼地域の中学生たちを対象にした「おもしろ数学講座」の開講や十日町市の「笹山じょうもん市」への協力、「弥彦村土曜学習」への参加、「糸魚川復興マルシェ」への協力、また新潟市内では本学学生と高校生がICTを活用し地域の活性化を目指すハイブリッドまちあるき「にいがたクエスト」の企画・運営やみずき野地域での赤塚・佐潟地図研究会への協力とその成果物としての「赤塚ガイドブック~まち歩き&砂丘歩き~」作成等々の各種プロジェクトについて、ボランティア・ベースで積極的に取組んで参りました。こうした活動を声高に喧伝することもなく地道に推進してこられた教職員の皆さん、そして一緒に参加してくださっている学生の皆さんに敬意を表し、感謝申し上げる次第です。


 そのうえで、こうした活動を大学としてもう少し組織的に内外の関係者と連携し幅広く進めて行くことを考えるべきではないかという観点から、本年4月に本学新潟中央キャンパスに「社会連携センター」という組織を立ち上げることとしております。これまでも新潟中央キャンパスでは「エクステンションセンター」という組織名称の下、生涯学習活動として公開講座などの各種事業に取組んできたところでありますが、この衣替えにより地域や産業界、経済界との連携を一層充実させて行きたいと考えているところであります。


 そのために、この面でも皆さまから様々なアイディアをお寄せいただき、そして積極的なご支援やご協力をいただきたいと思っております。


 このように本年は創立25周年という一つの区切りを迎える訳ですが、その記念事業としてはどちらかというと「ソフト」面を見直していくことで、本学の内面を充実させていくことに主眼を置くことになると思います。何とぞ宜しくご協力のほどをお願い致します。


 さぁ、今年も挑戦すべき課題がこのほかにも目白押しです。課題解決に向けて一歩一歩前進して行きましょう。いや、今年はひとつ突進してみませんか。そう、今年は「猪」年ですから。

新潟国際情報大学 学長 野崎 茂