交換留学 提携校:光云(クァンウン)大学校(ソウル市)

 光云(クァンウン)大学校は、8つの大学、7つの学部、26の学科と一般大学院及び6つの特殊大学院をもつ、ソウル市の東北部に位置する総合大学です。「光云」という名称は、この大学の前身である朝鮮無線講習所(1934年設立)の設立者・曺光云(チョ・クァンウン)工学博士の名前に由来します。光云大学校は、1964年に光云電子工科大学、1976年に光云工科大学、1983年に光云大学、1987年に光云大学校(総合大学)へと名称を変えながら発展してきました。韓国で初めて情報通信・電子工学を始めた大学としても有名ですが、その伝統と名声に相応しく、今はIT強国韓国をリードするグロバルな人材をたくさん輩出している私立の名門大学です。「未来の価値を創造する先端の学問の中心大学」になることを大学のビジョンとして掲げ、「融合的で未来志向的な思考力を持ったグロバルな人材の育成」という教育理念のもと、現在16ヶ国92の大学と交換留学生制度を実施するなど、教育の国際化にも積極的に取り組んでいる大学です。

光云大学校のホームページはこちら↓

その他提携校