情報教育

情報技術を学ぶ

基礎から専門まで、スキルにあった演習で情報通信技術を身につける。


現代社会では情報通信技術(ICT)がありとあらゆる場面で利用され、私たちの生活に必要不可欠なものとなっています。情報技術はもはや一部の特殊な職業につく人だけのものではありません。本学の情報処理演習は、高校までの情報関係の科目があまり得意ではなかった人も無理なく修得することができるようプログラムが組まれており、情報通信技術の基礎から最新技術まで幅広く深く学ぶことができます。情報文化学部では、下記のに示すように、情報処理演習をF、U1、U2、C1、C2、Wの6つのコースに分け、基礎から高度な最新技術まで学びます。国際学部では、下記演習コースのFおよびU1に相当するコースを学びますが、希望に応じてさらに高度なコースの履修も可能です。

6つの情報処理演習

情報処理演習は、学生のスキルや使用するアプリケーションにより細分化されており、基礎から専門まで自分にあった希望の演習を選ぶことが可能です。(2つ以上選択)アプリケーションの使い方からプログラミング、さらにパソコンの組み立てまで、充実した演習がそろっています。

情報処理演習 推奨レベル 演習内容

F(MOS、スペシャリスト)

未経験者

Word、Excel 基礎

U1(MOS、エキスパート)

Word、Excel 経験者

Word、Excel 応用

U2(VB、SQL、ACCESS)

U1 修了者

VB(プログラミング)、SQL(データベース)、ACCESS(データベース) 

C1(C言語、初級)

Word、Excel 経験者

C言語 基礎

C2(C言語、上級) C1修了者

C言語 応用

W(Web環境構築)
   (ハードウェア)

Word、Excel 経験者

OS(Linux)のインストール、ネットワークの設定、ウェブサーバの構築、論理回路、ワンボードコンピュータ、マイコン