JABEEによる認証制度について

新潟国際情報大学トップページ > JABEEによる認証制度について
デジタル大学案内
広報・各種パンフレット
海外提携大学との国際交流事業
国際交流インストラクター事業
JABEE認定取得
認証評価
オープンカレッジ公開講座

JABEEによる認証制度について

日本技術者教育認定制度は、大学において技術者の基礎教育を行っているプログラム(学科やコース)を認定する制度であり、その認定団体として1999年11月に日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board for Engineering Education)が設立されました。設立の目的は、認定基準を満たしていると認定された技術者教育プログラムを公表することで、認定されたプログラムの修了生が、将来技術職等につくために必要な教育を受けていることを社会に知らせることです。従って、JABEEによる審査は、教育プログラムの内容や質を保証するためのものであり、大学の提示する教育目標が、JABEEの要求する教育成果を含み、国際的な同等性を満たしているかどうかがチェックされます。

jabee

 情報文化学部では、情報および情報関連分野における教育内容について2007年11月にJABEEによる審査を受け、2008年5月にJABEEの認定を得ることができました。また、2012年11月には継続審査を受け、2013年4月にJABEE認定が継続となりました。その結果、認定されたプログラムの修了生にはJABEE認定プログラム修了書が交付され、文部科学省令で定める技術士資格一次試験免除の優遇措置が与えられるとともに、JABEE認定プログラムの修了生であることによる社会的評価が得られます。

JABEE認定プログラム修了書を得るためには

情報システム技術プログラムと情報システム一般プログラム

情報文化学部では、JABEE認定の情報システム技術者を育成するプログラムを、情報システム技術プログラム(JABEEプログラム)と呼び、それ以外のプログラムを情報システム一般プログラムと呼びます。


登録

JABEE認定プログラム修了書の取得を目標とする学生は、3年次の授業開始までに情報システム技術プログラム(JABEEプログラム)への登録を申告しなければなりません。(全コースの学生が登録の申告をすることが可能です。)申告を行った学生は自動的にプログラム履修生となります。申告を行わなかった学生は、情報システム一般プログラムに登録され、JABEE認定プログラム修了書は取得できません。(1年次と2年次には仮登録を行い、3年次に正式な登録を行います。)


認定に必要な授業科目

情報システム技術プログラム(JABEEプログラム)の学生は、以下の授業科目を履修しなければなりません。


<JABEE必修科目>

基礎演習、PBL(情報)またはPBL(経営)(1年前期、1年後期)

英語(1年前期、1年後期、2年前期、2年後期、3年前期、3年後期)

情報論理(1年後期)

統計学(1年前期)

情報処理演習U2(1年後期、2年前期、2年後期)

アルゴリズム(2年前期)

ソフトウエアエンジニアリング(2年前期)

情報システム(1年前期)

コンピュータシステム(1年前期)

コンピュータソフトウエア(1年後期)

情報検索(2年前期)

情報システム設計(2年前期)

情報システム開発(3年後期)

専門演習(情報)(3年前期)

情報システム特論(3年前期)

ネットワークコンピューティング(2年後期)

情報リテラシーと倫理(1年後期)

情報システム演習(A)、(BC)、(D)(1年後期、2年前期、2年後期)

卒業研究1、2、3、4(3年前期、3年後期、4年前期、4年後期)

卒業論文(4年後期)



<JABEE選択必修科目>

自然科学系[資源とエネルギー、科学と技術、地球環境論の内1つ以上](1年前期、1年後期、1年後期)

連続数学系[システム数学、モデリング数学の内1つ以上](1年後期、2年前期)

プログラミング系[情報処理演習C1、C2の内1つ以上] (1年前期、1年後期、2年前期、2年後期)

組織と情報系[ビジネスモデル、経営戦略、生産管理の内1つ以上](1年後期、2年前期、2年後期)


学習・教育目標の達成度評価

JABEE認定プログラム修了書を得るためには、以下の表に示す情報システム技術プログラムの学習・教育到達目標(A)~(H)のすべてについて、達成度が評価基準を満たしていることが必要です。

学習・教育到達目標の達成度評価基準は以下の通りです。

学習・教育目標 達成度評価基準
(A)健全な社会生活を営むための常識を持ち、地球的視点から多面的に物事を考え、他者と協力して問題解決にあたることが出来る力を育成する

基礎演習、PBL(情報)またはPBL(経営)の評価が各々C以上
自然科学系科目[資源とエネルギー、科学と技術、地球環境論の内1つ以上]の評価がC以上
基礎科目34単位以上を取得

(B)グローバルなネットワーク社会で活躍するための、国際理解とコミュニケーションに必要な英語力の基礎を育成する 英語1A,1B,1C,2A,2B,2C,3A,3B,4A,4B,5A,6Aの評価がC以上
(C)パソコンとインターネットの利用方法を習得し、仕事や生活に活用できる力を育成する
情報処理演習F,U1,U2,W,C1,C2の評価が少なくとも1つC以上
(D)物事の仕組みをシステム的に考え、データを重視した論理的な判断が出来る力を育成する
情報論理、統計学、情報処理演習U2、アルゴリズム、ソフトウエアエンジニアリング、連続数学系科目[システム数学、モデリング数学の内1つ以上]、プログラミング系科目[情報処理演習C1、C2の内1つ以上]の評価が各々C以上
(E)情報システム学について理解し、情報システム領域の基本的な専門技術を習得する。特に情報システム開発技術を習得することにより、情報システムの開発に携わることができる技術力を育成する
情報システム、コンピュータシステム、コンピュータソフトウエア、情報検索、情報システム設計、情報システム開発、専門演習(情報)、ネットワークコンピューティング、情報リテラシーと倫理、情報システム演習(A),(BC),(D)、組織と組織系科目[ビジネスモデル、経営戦略、生産管理の内1つ以上]の評価が各々C以上
(F)チームまたは個人として、目標を設定し、自主的・計画的に情報を集め、考察し、自らの見解を加えて記述し発表する力を育成する
情報システム特論、卒業研究1,2,3,4、卒業論文の評価が各々C以上
(G)情報システムの企画、設計、構築の面から、情報技術を問題解決に応用できる力を育成する。
3年終了時においてA(情報とシステム)分野の専門科目の単位数が10単位以上
(H)情報システムと人間の内面的、社会的活動の関係の面から、情報技術を問題解決に応用できる力を育成する。

3年終了時においてB(人間と社会)分野の専門科目の単位数が10単位以上


(I)情報技術を活用した企業経営と経営における情報システムの役割の面から、情報技術を問題解決に応用できる力を育成する。
3年終了時においてC(経営と組織)分野の専門科目の単位数が10単位以上
(J)情報システムを構成するコンピュータ技術とネットワーク技術の面から、情報技術を問題解決に応用できる力を育成する。
3年終了時においてD(コンピュータと通信)分野の単位数が10単位以上

注)情報コースの学生は(G),(J)、経営コースの学生は(H),(I)の達成度が評価基準を満たしていることが必要である。

JABEE認定プログラム修了書の授与

情報システム技術プログラム(JABEEプログラム)に登録を行った学生のうち、学習・教育到達目標(A)~(J)のすべてについて達成度評価基準を満たしている学生には、卒業時にJABEE認定プログラム修了書が授与されます。達成度評価に使われている授業科目の評価が1つでも基準を満たしていない場合は、JABEEプログラム認定が受けられませんので、認定を受けようとする学生は1年次の時から注意して履修してください。


情報システム技術プログラム(JABEEプログラム)登録の抹消

情報システム技術プログラム(JABEE プログラム)に登録した学生が、登録を抹消することは、4年次開始以前ならばいつでも可能です。3年次終了時に、卒業研究3を履修する条件を満たしていない、または、学習・教育目標(F)の卒業研究3、4および卒業論文を除くすべての学習・教育到達目標において、達成度が評価基準を満たしていない場合には登録を抹消しなければなりません。ただし、休学期間については考慮する場合があります。