派遣留学 提携校:極東連邦大学(ウラジオストク市)

 極東連邦大学は、シベリア・極東地方の最も重要な教育機関です。ロシア語カレッジの入学時に、ロシア語能力テストが行われます。その結果により、学生のロシア語能力が判定されます。一般的に、1クラスは5~8人の学生から編成され、教員が各学生に対して十分に配慮できるようになっています。また、希望により個人授業も行っています。授業は、月曜日から金曜日までの週5日間、15分の休憩をはさんで朝9時から昼12時15分までです。ロシア語カレッジの図書館では、必要な教科書や教材を借りたり、買ったりすることができます。教科書はすべてロシア語で書かれています。授業では、最新のコンピューター・プログラムが広く活用され、教員は授業を効率よく進め、学生はより深く授業を理解できるようになっています。テストもコンピューター上で行なわれる場合があります。カレッジにはコンピューター・ルームがあり、放課後、自由に利用することができます。操作について質問があれば、専門家が対応します。

 その他、文化プログラムが用意されています。例えば、ロシア語の実習、新しいロシア人の友人との出会いの他、ロシアの大地とその独特な伝統や習慣に親しみ、沿海地方のユニークな自然を自分の目で確かめることで、ウラジオストクの文化を詳しく知ることができます。このプログラムにより、ロシアでの生活はより興味深いものとなるでしょう。

極東連邦大学のホームページはこちら↓

その他提携校